テレビ朝日が運営する有料放送「CSテレ朝チャンネル1」のオリジナルドラマとして、Twitter、pixivで話題の不条理BLギャグ漫画『絶対BLになる世界vs絶対BLになりたくない男』が、実写ドラマ化されることが明らかになった。主演は、『仮面ライダービルド』(2017年、テレビ朝日)や映画『ぐらんぶる』(20年)でも主演を務めた犬飼貴丈。3月27日午後9時より放送予定。 

【レア写真】犬飼貴丈が公開した学生時代の秘蔵プリクラ

 原作漫画は、ある日、自分が「BL漫画」の世界の中にいるということに気づいてしまった男、通称・モブが主人公。しかし、どうしても女の子が好きで、彼女を切望しているモブは、迫りくるイケメンたちと、立ち上がりまくる“BL恋愛フラグ”に必死に抵抗しながら日々を過ごしていくことに…。次々に襲いかかる恋愛シチュエーションに打ち勝ち、モブは幸せをゲットすることができるのか!? 絶対BLになってしまう世界において、絶対にBLになりたくないモブの奮闘の物語。

 WEB漫画総選挙(19年)で第4位に入り、20年12月には祥伝社からコミック第2巻が発売された。主人公が迫りくるイケメンたちからのLOVE攻撃を回避するため、参考文献(=BL漫画)を大量に読み漁り、次から次へとやってくる恋愛フラグ、恋に発展しそうなシチュエーションを鮮やかにかわしていく同作は、そのふんだんに盛り込まれた“BLあるある”と、常に巻き込まれがちな主人公の心のつぶやきが面白いと話題を呼んでいる。

 妄想BLと直球BLのすき間を縫うメタBLの世界を描く本作。犬飼のほかにも、ゆうたろう、伊藤あさひ、塩野瑛久、北村諒、栗山航、定本楓馬、小林亮太、宇佐卓真、矢部昌暉、濱正悟、こんどうようぢ、本田響矢、砂川脩弥らの出演が決まっている。

【犬飼貴丈のコメント】
 今回、台本を読ませていただいたときの率直な感想が面白い。でした。台本で笑えるということはそれを演じる僕はもっと面白いものにしなければいけないということでもあります。テンポの良さを活かしつつ精一杯モブとして世界にあらがおうと思います。よろしくお願い致します。