テレビ朝日系で放送中の木曜ドラマ『にじいろカルテ』(毎週木曜 後9:00~9:54)で欠かせないものになっている“ごはんを食べるシーン”。高畑充希・北村匠海・井浦新らが幸せそうに頬張る“もぐもぐタイム”に登場する料理は、人気料理研究家のリュウジが考案したものだった。その作り方を紹介する“にじいろレシピ”動画が、テレビ朝日公式YouTubeチャンネル「動画、はじめてみました」で公開。さらに、同局の深夜番組『お願い!ランキング』で紹介されることになった。

【写真】レシピ動画が公開される4品

 同ドラマは、病を抱えたポンコツドクター・紅野真空(高畑)が、山奥にある虹ノ村の診療所でヘンテコ外科医・浅黄朔(井浦)と前髪ぱっつんの看護師・蒼山太陽(北村)とともに、命と向き合って成長していくヒューマンストーリー。

 “飯テロ”要素もあり、真空が村に来たばかりの朝にも、診療所に行列ができた日のお昼休みにも、村人の病やケガの治療で奮闘しチームで命を救ったその夜にも、真空の体調が悪かった日にも…ダイニングで真空、太陽、朔がおなじみの口喧嘩が繰り広げながら囲む食卓には、いつもおいしそうな料理がある。それは、朔が愛情たっぷり育てた野菜を使い、これまた愛情たっぷり込めて朔を中心に、真空、太陽がそれぞれ役割分担して3人で作ったもの。

 そのレシピを考案したリュウジは、2017年よりSNSで自身が編み出したレシピを投稿し、「バズレシピ」として話題となって、今やツイッター登録者数176万人(2021年2月時点)、YouTube登録者数163万人(2021年2月時点)を誇る。数々の番組にも出演し、ひっぱりだこの超人気の裏には、身近な食材を使って簡単に作れるのにおいしいレシピや斬新なアイデアレシピがある。そんなリュウジが考案した『にじいろカルテ』の料理は、見ているだけでお腹が減ってくるおいしそうな料理ばかり。SNSでは「ご飯美味しそう!」「一緒に食べたい」などの声が上がり、反響を呼んでいる。

 その中から、第4話で太陽がお尻に問題を抱えながらひた隠しにして囲む食卓で登場する「ほうれん草と豆乳のスープ」、あす18日放送の第5話で朔が意を決して話があると2人に伝える食卓で登場する「ツナときゅうりの塩だれ和え」、そして25日放送の第6話である重要な役割を果たす「ミラノ風ドリア」と、「オーロラキャベツサンドウィッチ」の、全4品の作り方をYouTube「動画、はじめてみました」で公開。

 リュウジは、今回の『にじいろカルテ』とのコラボレーションを「すごく面白い試みだと思いました。失敗できないなという、いいプレッシャーもありました」と言い、緊張感を持って臨んだそう。中でも「『ミラノ風ドリア』は物語で重要な役割があると聞いたので、これは本当に心に染みるような味わいのものにしようと思って何度も試行錯誤しました。本当においしいものが出来たので、是非ドラマの風景を思い浮かべながら召し上がっていただければ」と、語っている。

 また、18日放送の『お願い!ランキング』(深0:50~※関東ローカル)では、リュウジ本人がレシピを紹介する。

■「動画、はじめてみました」『にじいろカルテ』再生リスト
https://www.youtube.com/playlist?list=PLRlGJA3aVEXC_gOXwZ1qtOFxjaRs08QzF
※#6の料理2品は2月18日の『お願い!ランキング』放送後より配信開始。