ディズニー・アニメーション最新作『ラーヤと龍の王国』(3月5日公開)の新たな日本版本予告と、ラーヤの仲間が勢揃いするポスターが解禁された。今回の予告映像では、ラーヤ役の日本版吹替キャストに抜てきされた女優の吉川愛が吹き込んだ声で、胸踊らされるシーンの数々を見ることができる。

【動画】映画『ラーヤと龍の王国』本予告

 本作は、“龍の王国”を舞台に繰り広げられる少女ラーヤの戦いと成長を描く壮大なスペクタクル・ファンタジー。世界を救う唯一の魔法――、それは”信じあう心“。かつては平和な一つの国だったが、邪悪な魔物によって人々が“信じあう心”を失い、バラバラになってしまった<龍の王国>クマンドラ。<龍の石>の守護者一族の娘であるラーヤは、父を失い、人を信じることをやめて、たった1人で生きてきた。王国を救うため、かつて魔物を退けたという伝説の<最後の龍>シスーを探し続けたラーヤは、ついに彼女を蘇らせることに成功するが、龍の魔力は失われており、その魔力を取り戻すため<龍の石>を探す旅が始まる。人を信じられないラーヤは、人を信じすぎるほどに信じるシスーとの旅、新しい仲間との出会いによって、世界を救う唯一の方法は、龍の魔法ではないことに気付かされていく――。

 今回解禁となった映像では、相棒のトゥクトゥクに乗りシスーを探す旅を続けるラーヤが颯爽と現れ、ラーヤの幼き頃の回想へとつながる。「お前だけが“最後の希望”だ」と優しく語りかける父の姿が、ラーヤがバラバラになってしまった王国を救おうと奔走する理由であることがわかり、悲願である<最後の龍>復活のシーンが描かれる。青く輝く神々しい姿を見せながら、超ポジティブでユーモアあふれるシスーをはじめ、愛らしい見た目でラーヤを出し抜く“盗っ人ベイビー”ノイ、商魂たくましい船のオーナー“孤独な実業家キッズ”のブーン、見た目はコワいが“仲間思いの戦士”トングら、ラーヤとシスーの旅に加わる仲間達にも注目だ。

 中でも印象的なのが、シスーが語りかける「世界が壊れたのは、信じあえないからよ」「仲間がいれば、きっとできる。とにかく一歩を踏み出さなきゃ!」という言葉の数々。その言葉や仲間たちの笑顔は、孤独を感じ“ひとりぼっち”になってしまいがちな現代の私たちの心にも、深く語りかけてくるようだ。笑顔で空を駆けるシスーの姿に、本作を見た後の晴れやかな気分が予感される。

 本作は、3月5日より映画館と、ディズニープラス プレミア アクセス(※追加支払いが必要)で同時公開。