公開中の映画『すばらしき世界』(西川美和監督)の音楽を担当する林正樹がエンディング曲「Under The Open Sky」をピアノソロで演奏する映像と本編のコラボレーション映像が公開された。

【動画】映画『すばらしき世界』ピアノソロ演奏 本編コラボ映像

 西川監督が、初めて実在の人物をモデルとした小説(直木賞作家・佐木隆三氏の「身分帳」)を原案に、その舞台を約35年後の現代に置き換え、徹底した取材を通じて脚本・映画化に挑んだ本作。生きづらい社会の中で、一度レールを外れても懸命にやり直そうとする実在の男と、彼を追う若きテレビマンのカメラを通して「社会」と「人間」の“今”をえぐった作品だ。

 音楽を担当した林は、日本屈指のジャズ・ピアニストとして、渡辺貞夫、菊地成孔、椎名林檎ら多岐にわたるジャンルの重要人物のプロジェクトに参加。演奏家としても、小野リサ、椎名林檎、長谷川きよしらをはじめ多方面のアーティストと共演。多種多様な音楽的要素を内包した、独自のユーモアをはらんだ静的なソングライティングと繊細な演奏が高次で融合するスタイルで、国内外で高い評価を得ている。

 そんな林が西川監督とともに時間をかけて丁寧に作り上げた楽曲は、主人公にやさしく寄り添い、観客の琴線に触れ、作品をより味わい深いものにしている。

 今回解禁された映像は、林自らが自宅の作業部屋で撮影。作品完成後、西川監督と連絡をとる中で、監督自ら「映画のために作られた楽曲が少しでも多くの人の目に触れるように」と林に演奏映像を依頼し、実現したもの。

 エンディング曲「Under The Open Sky」は、映画『すばらしき世界』オリジナルサウンドトラック4曲目に収録されている「The Open Sky」のロングアレンジバージョン。エンドロールの曲をどうするか決まっていなかったときに林から「The Open Sky」のバリエーションを入れるのはどうかと西川監督に提案したそう。「映画って最後は主題歌が流れるパターンが多いものですから。こちらは『Under The Open Sky』と本作の英題をつけました、大変気に入っています」と、タイトルの由来を明かした。

 一方、西川監督は、4000字を超える新規書き下ろしのライナーノーツ(16ページ、別冊8ページ)で、林との出会い、曲作りの苦労などを事細かに語っている。役所広司演じる三上がサッカーをするシーンで使われた楽曲では特に何度もディスカッションを繰り返していたが、うまくハマらず、林に「一回試しに思うがままに弾いてみてください」とお願いすると結果はワンテイクOK。西川監督は「ほらね。音楽の神様に愛されている人はこういうことを起こしちゃうんですよ」と述懐している。

 さらにエンディング曲については、「刑務所を出所して、東京の片隅の古いアパートに引っ越してきた三上が、初めて自分の手で米を研ぎ、小さな窓から洗濯物を干し、ゴミ捨て場で分別を習い、温かく炊けたご飯に卵を落とし、買い物をし、縫い物をし、カーテンをかけ、近所の人にあいさつをする――。絃楽器のピチカートから始まるその楽曲は、まるで小さな子どもがおっかなびっくり歩き出すようなあどけなさの中に、生きる悲しみと喜びを編み込んだ味わい深い曲だ。エンディング曲はそれしかないと全員が思った」と、絶賛している。

 本編コラボレーション映像は、雪深い旭川刑務所から13年ぶりに出所してきた役所広司演じる三上正夫の姿から始まる。「今度ばっかりは堅気ぞ」と決意を新たに、社会での新しい生活をスタートさせ役所に出向いたり、小さなアパートでミシンをかけたりする様子がうかがえる。そこには三上を支える弁護人の庄司夫婦(橋爪功、梶芽衣子)や三上に密着取材をするテレビマン津乃田(仲野太賀)の姿が。林が奏でるメロディにのって一歩踏み出す三上の健気な姿を見ることができる。

 「映画音楽を作ってくれた全ての人に心からの敬意と感謝を伝えたい。エンディングテーマを聴き終わって劇場から出て来た人が、頭上に広がる空を少しだけ広く感じられれば良いと思っている」と、西川監督。本作の音楽性にも自信がにじむ。