昨年の『第62回日本レコード大賞』で最優秀新人賞を受賞した演歌歌手の真田ナオキ(31)が17日、東京・神宮外苑室内球技場で新曲「本気(マジ)で惚れた」の発売イベントを開催した。

【動画】レコ大最優秀新人賞・真田ナオキがつば九郎にバットで挑む!

 真田は小学1年から野球を始めた野球少年で、ヤクルトスワローズの大ファンとあり、スワローズの球団マスコットキャラクター「つば九郎」とティーバッティングでの的当て対決を実施。交互に打ち合う9打席の対決で、1球も的に当てられなかった真田に対し、なんとつば九郎は3回成功した。

 “泣きの一回”でようやく的に当てることに成功し、認定勝利を得た真田は「練習では当たっていたのですが、本番では緊張してしまいました。それでも憧れのつば九郎との勝負は夢のようでした」とコメント。大健闘のつば九郎は「(セ・リーグ最下位の)ちーむよりちょうしよかった」と、自虐のフリップ芸で笑いを誘った。

 この日発売された新曲「本気で惚れた」は、前作同様、師匠の吉幾三が作詞・作曲を手がけた。「ノックアウトボイスと」称されるほどのパンチのあるハスキーボイスで「女心」を歌う異色の楽曲で「女性の気持ちを歌うということで、非常に難しい部分もあったのですが、師匠から演歌は心だと教えていただき、真田ナオキらしい1曲に仕上がったと思います」と自信をにじませた。

 つば九郎との対決で刺激を受けた真田は「お互い演歌と野球で日本一になりましょう!」と、エール交換した。