人気グループ・嵐の二宮和也が出演するパズルRPG『パズル&ドラゴンズ』9周年新テレビCM『パズドラ党/辻立ち』篇が18日より放送される。CMではスマホを見ても、テレビを観ても、つい暗いニュースばかりが目についてしまう日本の現状を憂いた二宮が、『パズドラ党』という名の新党を結成。初の街頭演説に臨み、プライベートでも同ゲームに親しんで8年を誇るからこその愛をさく裂させる内容になっている。

二宮和也のテレビ出演歴

 「実は元々、パズドラ党を作りたいという考えがあったので、『あれ、なんか思ってたこと、誰かに言ったかな?』と思いました(笑)」と豪語する二宮は「ゆくゆくは、一大政党として幅をきかせていきますよ」と自信たっぷり。「今回のCMは『辻立ち』篇ということで、駅のところで声を聞いていただくという内容になっているんですけ ど、改めてのスタートとなっている気がして、すごく良かったですね」と気を引き締めた。

 撮影ではネイビーのスーツに白シャツ&濃紺のネクタイ姿で、さっそうと現場入りした二宮。「みなさん、おはようございます!」とスタッフに元気よくあいさつする声にはいつも以上に張りがあり、清潔感のある衣装と、青地に大きな白文字で書かれた「二宮和也」のたすきのインパクトと相まって、さながら新人議員候補らしいフレッシュさ。自分の名前が書かれたタスキに触れながら「まずは名前だけでも覚えて帰っていただいて」とアピールする二宮にスタッフから「二宮さんの名前を知らない人、いないと思います」とツッコミ。現場は和やかな空気に包まれた。

 街頭演説の撮影にあたり、監督から「意識するのは、真面目さよりも“本気”」という説明を受けて、本番に臨んだ二宮は「日本を変えるのはパズドラ!」「やれば人は笑顔になるんです!」という突飛な選挙スピーチにも、不思議な説得力を醸し出す。連続コンボを想像するシーンでは、目をつぶっているにもかかわらず、言葉の抑揚や表情、仕草のわずかな動きで、テンションが上がっていく様を見事に表現。豊かな感性と表現力で有権者ならぬスタッフの心をわし掴みにした。

 また20日より放送されるシリーズ第2弾『政見放送』篇では背景パネルに「パズドラ党」の看板を掲げ、テーブルの正面に『二宮和也』のネームプレート。そしてスタジオ内にスタッフや関係者役のエキストラ、 放送 用のカメラ機材を配置して、実際の政見放送の撮影現場を再現。

 本番前、監督から「言葉はコンパクトに力強く」と指示を受けた二宮はとあるハプニングにも動じることなく、大胆な政策を堂々と発表する自信満々の佇まい、的確なジェスチャーを交えた視聴者 を惹きつける語り口には、すでに“党首”としての風格すら漂い、OKテイクを連発した。なお、パズドラ9周年公式放送とWEB特別動画が19日より公開される。

■二宮和也インタビューコメント

――二宮さん、この度はパズドラ党の設立、おめでとうございます!

「ありがとうございます!実は元々、パズドラ党を作りたいという考えがあったので、『あれ、なんか思ってたこと、誰かに言ったかな?』と思いました(笑)」

――ということは今回、企画から携わっていたということでしょうか?

「まぁそうなっちゃいますね。ゆくゆくは、一大政党として幅をきかせていきますよ」

――たすきのお名前もインパクトが強いですよね。

「まずはね、名前だけでも覚えていただいて」

――二宮さんを知らない人、いないと思います。

「いや、ほんとに。今回のCMは『辻立ち」篇ということで、駅のところで声を聞いていただくという内容になっているんですけ ど、改めてのスタートとなっている気がして、すごく良かったですね」

――パズドラ歴8年の二宮 さんにとって、『 パズドラ』の魅力とは?

「5×6=30の5色の盤面で、あれだけ面白くて、無限の可能性があるんだなと、いまだにやっていて思いますし、やっぱり上手くいく時もあれば、ほんとに上手くいかない時もあって、なんか不思議ですよね。その盤面と向き合ってきた8年だったのに、こうも思い通りいかないのかと思う時もあって、それが面白いところですし、着実に上手くなっていく段階もそうだと思います。あとは、いろんな時々のコラボがあって、またあれやってくれないかなと思う時、そのコラボがあると、ちょっとテンションが上がるし、いろんな催しがあるのもいいですよね」

――今年で 9周年を迎え、ますますパワーアップし続ける『パズドラ』ですが、二宮さんが2021年にパワーアップしたいことは?

「もっと早くパズルを組みたいです。もっと早くパズルを組んで、このパズドラ党を応援してくれている皆様に恩返しがしたい。私はそう思っています。9周年は、言ったらプレ 10周年なわけですから、いろんなことを仕掛けながら、種まきをして、それが実になる10周年では、みなさんと一緒に共有できるものが一つでも多く残ればいいなと思います。それで10周年の時はプロパズラーたちも交えて、ぜひパズドラ党の組閣チャレンジを企画したいですね」

――CMをごらんになる視聴者の皆様へメッセージをお願いします。

「パズドラ党の二宮和也です。日本をもっと笑顔にしたい!そのために必要なのは『パズドラ』だと信じております!私、二宮和也は、『パズドラ』の魅力を日本全国、いや世界中の皆さんに届けたいと思っておりますので、これからも『パズドラ』をどうぞよろしくお願いいたします!」