俳優の風間俊介が主演するNHK・BSプレミアムで放送予定のプレミアムドラマ『やっぱりおしい刑事』(3月7日スタート、毎週日曜 後10:00)の新たな出演者が発表された。風間の後輩でもある橋本涼(HiHi Jets/ジャニーズJr.)が、新人鑑識官役で出演する。

【写真】白石聖、萩原みのりも出演

 同ドラマは、藤崎翔氏の小説「おしい刑事」「恋するおしい刑事」を原作に、抜群の推理力を持ちながら詰めが甘いために手柄を同僚刑事に横取りされてしまう残念な男、押井(おしい)刑事の活躍と残念な日々を描く。

 橋本が演じる鑑識官・小河内朔流(しょうこうち・さくる)は、ポワロ(アガサ・クリスティの作品に登場する探偵)を尊敬しているらしく、ホームズ(アーサー・コナン・ドイルの作品に登場する探偵)好きの押井とはウマが合わない…、という役どころ。

 風間は「押井に対抗心があり、何かと突っかかってくる小河内を、橋本くんがどう演じてゆくか楽しみです。現実では、先輩、後輩に当たりますが、しっかりとぶつかり合い、作品に良い化学変化を与えたいと思っています」と、共演を楽しみにしていた。

 このほか、女性の目を真っ直ぐ見られない押井が、目を合わせられる数少ない女性が2人も登場。宇戸橋警察署に配属された新人刑事・美良山来海(みらやま・くるみ)役で白石聖、第2回に登場する女子大生・嶋ありさ役で萩原みのりが出演。

 風間は新たな仲間について、「個性豊かなキャラクターがたくさんいる『おしい刑事』の世界で、白石さん演じる来海が持つ『常識人の感性』が物語に最高の彩りを加えてくれています。暴走する押井刑事に戸惑う来海の戸惑いは、『おしい刑事』の世界に新加入した白石さんの戸惑いでもあるかもしれません。その『ん? 何だ、この世界』という表情が、観てくださる皆さんの共感を呼ぶことは間違いないと思います」と、コメント。

 萩原についても「なかなか、パンチ力がある役なのですが、萩原さんが演じるからこそ、魅力的で説得力があるキャラクターになっています。この役を演じるのが萩原さんで良かった。そして、押井がこの魅力に気づく日はいつになる事やら。押井との今後の関係が楽しみです」と、話していた。

 ほかにも「シャーロック・ホームズ」におけるモリアーティ教授のような存在で、押井の前に立ちふさがる羽堂亜郎(うどう・あろう)という謎の男も登場するという。本格的なミステリー、かと思いきやズッコケコメディ、かと思いきや手に汗握るサスペンス、かと思いきやラブコメ(?)と変幻自在な全8回、楽しませてくれそうだ。