ロックバンド・RADWIMPSが、3月6日にNHK総合で放送される「東日本大震災10年 特集ドラマ『あなたのそばで明日が笑う』」(後7:30)の主題歌として、新曲「かくれんぼ」を書き下ろしたことが明らかになった。

【写真】綾瀬はるかと池松壮亮が共演『あなたのそばで明日が笑う』

 綾瀬はるかと池松壮亮が共演するドラマは、宮城県石巻市が舞台。震災で行方不明となった夫を待ち続ける女性(綾瀬)と震災を知らない建築士(池松)が出会い、心を通わせていく愛の物語。

 北野拓プロデューサーは「主人公が心の奥底に沈み込ませている感情にそっと寄り添うような音楽を届けてほしい」と、東日本大震災に音楽という形で10年向き合い続けているRADWIMPSに主題歌をオファー。その熱意と脚本に心を動かされ、新曲「かくれんぼ」を書き下ろした。

 同曲を手がけた野田洋次郎は「今回頂いた脚本の中のいくつもの言葉が胸に響きました。僕たちの知り得ない本当の声のように聴こえてきました。それらをたよりに音楽を作らせて頂きました。観てくださる方々一人ひとりにとって、この先の未来に何かしら光の射すドラマになることを願っています」とのコメントを寄せた。

 「かくれんぼ」は、RADWIMPSが3月11日にリリースするアルバム『2+0+2+1+3+1+1= 10 years 10 songs』(テンイヤーズ テンソングス)に収録。このアルバムの利益は、日本赤十字社や自治体などに全額寄付(2021年12月31日までの売上金額が寄付の対象)され、日本全国で起こる自然災害などの支援活動に充てられる。

■RADWIMPS野田洋次郎コメント
今回、「あなたのそばで明日が笑う」の主題歌をつとめさせて頂きました。

被災した方、大事な人を亡くされた方、生活が一変した方々にとって10年というのはただの記号にすぎないと思います。直接被災することのなかった僕ら自身この10年、あの震災とどう向き合ったらいいのだろうかという葛藤の10年でもありました。その中で唯一できることである音楽で毎年、発信を勝手ながらさせてもらってきました。

今回頂いた脚本の中のいくつもの言葉が胸に響きました。僕たちの知り得ない本当の声のように聴こえてきました。それらをたよりに音楽を作らせて頂きました。観てくださる方々一人ひとりにとって、この先の未来に何かしら光の射すドラマになることを願っています。今回お声がけ頂き、ありがとうございました。

■『あなたのそばで明日が笑う』北野拓プロデューサーコメント
野田さんが震災をテーマに作られた楽曲を聴き、その根底には人と人が思いやることの尊さ、人の愛を信じる強さ、世界を包み込む優しさがあると感じていました。今回、かなしみを抱えて生きる人の背中をそっとさするような物語を目指すにあたり、そうした力がドラマに必要だと思い、オファーをさせて頂きました。

後ろを向きながら前に進むことを肯定したいというこちらの想いを汲み、過去と現在の二つの時間を生きる主人公にどこまでも寄り添った楽曲を書き下ろしてくださいました。希望や復興といった言葉では表せないものがそこには宿っていました。この主題歌が今回のドラマの主人公のような方の心の支えになることを祈っています。