人気グループ・乃木坂46の山崎怜奈(23)が10日に発売した初の書籍『歴史のじかん』(幻冬舎)が、重版したことがわかった。

【動画】新番組への意気込みを語った山崎怜奈

 同書は、2019年までひかりTV・dTVチャンネルで放送されていた『乃木坂46山崎怜奈 歴史のじかん』を基にした歴史本で、全50回の放送から、山崎が選んだ14回を厳選して掲載。専門家2人と山崎による解説パートと、その内容から山崎が考えたことをつづるコラムパートの2本立てとなっている。書籍内にはカラーページで山崎の“歴史グラビア”も載せられている。

 山崎本人による約150店もの書店に向けた直筆POPは、150店すべてに違う内容を書いており、書店の立地や客層に合わせたコメントとなっている。「#れなちPOPラリー」と称して、書店やファンの方による売り場写真のSNSへの投稿も話題を集めている。

 重版を受けて、山崎がコメントを寄せた。

■山崎怜奈コメント

先日、書店のどこに置かれているのか知りたくて、何店舗か訪れました。
あるところでは弘中綾香さんと日向坂46齊藤京子さんに挟まれ、あるところでは藤森慎吾さんと池上彰さんに挟まれていました。身に余る光栄です。

『歴史のじかん』を手に取ってくださった皆様、見つけてくださり、本当にありがとうございます。ちなみに……「日本史」に苦手意識がある方は、こんな読み方をしていただくと、身構えずに楽しむことができるかもしれません。

まず目次を開き、気になるテーマのコラムを読んでいただいてから、それを書くきっかけとなった授業に遡ってみる。コラムの答え合わせのような形をとると、さらに現代とのつながりを感じられる気がしています。

よろしければ、お試しいただけますと幸いです!

【山崎怜奈(やまざき・れな)】1997年5月21日生まれ。東京都江戸川区出身。最も好きな歴史上の偉人は、坂本龍馬と渋沢栄一。2013年、乃木坂46の2期生として活動開始。クイズ番組への出演を機に、知識欲の塊になる。2020年、慶應義塾大学卒業。世界遺産検定2級を取得。帯ラジオ番組のパーソナリティ就任に際し、23歳で初の人間ドックを志願。胃が弱い。

■『歴史のじかん』で取り上げたテーマ
応仁の乱/戦国の合戦/千利休/明智光秀/蒲生氏郷/真田幸村/忠臣蔵/伊能忠敬/塙保己一/安政の大獄/徳川将軍家/岩﨑弥太郎/渋沢栄一/太宰治