ジャニーズJr.の人気グループ・少年忍者、7 MEN 侍、Lilかんさい、IMPACTorsが、5月2日から同30日まで東京・日比谷のシアタークリエにて上演される『ジャニーズ銀座2021 Tokyo Experience』に出演することがわかった。2010年から続くフレッシュなジャニーズ陣による同公演は昨年、新型コロナウイルスの影響で中止に。2年ぶりとなる今回は、初参加となる関西ジャニーズJr.のLilかんさいと、昨年命名されたIMPACTorsを加えた4組が出演する。

少年忍者のTV出演情報

 同公演は2010年に森光子さん出演『放浪記』が、森さんの体調考慮のため休演となった5・6月に『内(ウチ)に来てクリエ!』『みんなクリエに来てクリエ!』として上演。全日程完売となりその翌年以降も、当日券を求めるお客さんが長蛇の列を成し「日比谷にシアタークリエあり!」と急速に知名度を上げた。

 2011年に『みんなクリエに来てクリエ!2011』としてA.B.C-Zが自ら構成を考え、ミュージカルとギャグを合わせたコントが大好評に。この成果は、彼らの日生劇場での初座長公演に結実。デビュー目前のKis-My-Ft2の北山宏光、藤ヶ谷太輔がスペシャル・ライブを行い話題となった。その後も数々のジャニーズグループや個人が熱いパフォーマンスを披露した。

 2016年には現・HiHi Jetsが、HiHi Jetとして初登場。2017年には現・美 少年である東京B少年が初登場、2018年にはその2グループが強力タッグで成功を収め、2019年には『Tokyo Experience』と銘打っての上演を行い、HiHi Jets・美 少年・少年忍者・7 MEN侍の競演で2010以来、『ジャニーズ銀座』シリーズとしては10年目を迎え、上演500回達成した。

 このほど、各グループを代表したメンバーからコメントが到着。久々の有観客のパフォーマンスについて少年忍者・川﨑皇輝は「僕たち少年忍者は、ファンの皆さんの前での単独公演は、おととしのジャニーズ銀座以来2年ぶりになります。この2年の間に、YouTubeでのジャニーズJr.チャンネルも始まり、念願のオリジナル楽曲もいただきました。みなさんの前で直接パフォーマンスができなかったこの期間で、少年忍者22名全員がパワーアップしたところを直接お見せしたいと思います!」と意気込んだ。

 今回は感染防止のため声援が送れないファンに向け、7 MEN 侍の中村嶺亜は「1日でも早く以前のようなライブが出来るよう、お互いルールを守ってライブを楽しみましょう! そしたら必ず以前のようにライブができます。全員で楽しいライブを一緒に作りましょう!」と呼び掛けた。

 初参加となるLil かんさいの嶋崎斗亜(※崎はたつざき)は「東京の人と関西の人では笑いのツボが違うと思うからMCとかはゲームコーナーとかで皆んなが楽しい事をしたいです(笑)。でも、基本はいつも通りのLil かんさいのコンサートでどれだけ関東の人に通用するのかが楽しみです」と期待を込め、「キラキラは絶対に負けない自信がありますジャニーズらしいコンサートに出来ると思ってます!」と闘志を燃やす。

 この公演が客前での初パフォーマンスとなるIMPACTorsの佐藤新は「グループとしては、IMPACTorsの魅力やメンバーの個性がしっかり伝わるセットリストや企画を考えていきたいです。個人としては、普段かっこいい曲を披露することが多いので、とびきりかわいい曲などを取り入れてみたいです!」とやる気十分。「7人の一体感、一曲一曲にかける熱量、エネルギー量は誰にも負けません! また、そろっているけれど、それぞれ個性のあるダンスも魅力だと思います」と胸を張った。

 販売方法の詳細の詳細は、追って公式HPにて告知。一般前売りは4月17日午前10時開始予定。