俳優の吉沢亮が渋沢栄一役で主演を務めるNHK大河ドラマ『青天を衝け』がきょう14日、スタート。本作で徳川慶喜を演じる草なぎ剛に対しても「徳川慶喜公のハマりぶりがすごい。声音も普段の彼とは全く違う」と絶賛の声が上がっている。

【写真】徳川慶喜の少年時代を演じる笠松基生

 先月27日に行われたリモート会見において、制作統括の菓子浩氏は草なぎの抜てきについて「草なぎさんの舞台を拝見して、憑依型というか乗り移っている、なりきっているお芝居に胸を打たれました。いつかご一緒したいと思っていました」と明かした。さらに「最初のキャスティングで考えていたのはカリスマ性。語らなくとも、何を考えているか見えなくても物語を引っ張れる人。それで草なぎさんに演じていただきたいとオファーしました」と裏側を話していた。

 SNSでは「抑えた存在感ある慶喜様に引き込まれた」「冒頭の栄一と慶喜の場面、ものすごい緊張感でドキドキした」など、慶喜・草なぎの姿に胸を打たれた人も多い。慶喜と栄一の共演シーンが増えていくのはまだ先のことだが、“血洗島”パートでの吉沢、“江戸パート”での草なぎがどのような演技を見せてくれるのか、今後に期待がかかる。

 第1回「栄一、目覚める」は、武蔵国血洗島村(現在の埼玉県深谷市)で養蚕と藍玉作りを営む農家の長男として生まれた栄一(子役・小林優仁)の話がメインに。ある日、罪人が藩の陣屋に送られてきたことを知った栄一は、近くに住むいとこの喜作(子役・石澤柊斗)らと忍び込もうとたくらむ。一方、江戸では、次期将軍候補とすべく、水戸藩主・徳川斉昭(竹中直人)の息子、七郎麻呂(子役・笠松基生)を一橋家に迎え入れる話が進んでいた。