韓国の7人組グループ・BTSが最新アルバム『BE(Essential Edition)』(19日発売)リリースに向け公式サイトで公開中の「Curated for ARMY」第3弾として、JUNG KOOK(ジョングク)が作った全世界のファンのための「ARMYの部屋」を公開した。

BTSジョングク作の「ARMYの部屋」イメージイラスト RM、SUGA作も

 SUGA、RMに続いて公開されたJUNG KOOK作の「ARMYの部屋」は、昨年11月に発売したアルバム『BE(Deluxe Edition)』の個別コンセプトフォト同様、スピーカーが印象的に配置されている。

 JUNG KOOKは「ARMYの皆さんにも良い音楽をプレゼントするためには『ARMYの部屋』にスピーカーが欠かせないと思った」とし、「皆さんもこのスピーカーで歌を聴きながらそのときそのときの自分の感情を感じてみたらどうか」と提案した。

 また、窓辺に飾られた「金魚鉢」については、「部屋で一日中時間を過ごせば、することも毎日同じで、たまに退屈な気分になることがある。それで部屋に水槽を一つ置いてみた。金魚鉢を飾りながらもう少し楽しく時間を過ごすことができればと思う」と説明している。

 「ARMYの部屋」は所属事務所Big Hit Entertainmentの公式サイトでオーディオガイド形式で公開。世界のARMYのために作った部屋や小物について説明しながらファンとコミュニケーションを取っている。