3月5日から大阪で「愛の不時着」展が開催されるのにあたり、カンテレでは「『愛の不時着』展開催記念!韓国映画ナイト」と称し、ドラマ『愛の不時着』で人気に拍車がかかったヒョンビン、ソン・イェジンが主演する映画を3週連続で放送する(関西ローカル)。

【写真】映画『スウィンダラーズ』キービジュアル

 ヒョンビンとソン・イェジンは、韓国のスター俳優。2019年12月に放送スタートした韓国ドラマ『愛の不時着』で南北の国境を超え、愛を貫く主人公たちを演じた。このドラマは20年2月より海外でも配信され、日本でも男女問わず多くの視聴者を夢中にさせ、「2020 ユーキャン新語・流行語大賞」のトップ10入りも果たすなど、『愛の不時着』ブームを巻き起こしたことは記憶にあたらしい。

 韓国映画ナイトの1作目は、『Be With You ~いま、会いにゆきます』(18年)。2004年に映画化され、社会現象を巻き起こす大ヒットを記録した市川拓司氏のベストセラー小説『いま、会いにゆきます』を、韓国で映画化した作品。二度と会うことができない2人の奇跡のような再会で始まる本作は、原作のファンタジー的な設定と物語に、センチメンタルなタッチとリアリティーあふれる共感を加え、みずみずしい息吹が吹き込まれた。

 主演のソン・イェジン(スア役)は、記憶を失ったまま戻ってきたスアのピュアなまなざしと、ある秘密を胸に秘めた謎めいた部分、夫のウジン(ソ・ジソブ)を再び愛すことになる1人の女性の繊細な感情の変化を、ディテールあふれる演技で完璧に消化。ウジンのそばに長くはいられない運命だと知った後、感情を抑えつつも、微妙に揺れる、深く成熟したまなざしで、スアの心を表現したソン・イェジンの演技は、忘れることのできない感動と余韻を届けてくれるだろう。

 2作目は、『スウィンダラーズ』(17年)。映画『コンフィデンシャル/共助』(17年)など、アジア各国で絶大な人気・知名度を誇るヒョンビンが初の詐欺師役に挑んだ作品。プロ集団のブレイン役を担う知能型詐欺師に扮し、スタイリッシュで頭の切れるキャラクターを熱演している。

 その他、詐欺師と手を組む検察庁のエリート検事に『オールド・ボーイ』のユ・ジテ、『べテラン』のペ・ソンウや『新しき世界』のパク・ソンウン、さらにはK-POPガールズグループ・AFTERSCHOOLのナナが映画初出演を飾り、韓国映画界を牽引する豪華スターが集結したことも話題になった作品。韓国で実際におきた史上最大のマルチ商法詐欺事件がモチーフとなった本作は、駆け引きと裏切りの連続に大どんでん返しが待ち受ける、愉快・痛快・爽快の犯罪アクション・エンターテイメント。

 3本目は、後日発表となる。

■放送予定(関西ローカル)
『Be With You ~いま、会いにゆきます』(ソン・イェジン主演)
2月20日 深2:15〜(予定)

『スウィンダラーズ』(ヒョンビン主演)
2月27日 深2時15分〜(予定)

作品未定(後日発表)
3月6日 深2:16~(予定)

■「愛の不時着」展
会期:2021年3月5日(金)〜3月28日(日)
場所:大丸梅田店13階特設会場
https://www.ktv.jp/event/ainofujichaku/