ディズニー最新作『ラーヤと龍の王国』が3月5日より映画館と「ディズニープラス プレミア アクセス」での同時公開を記念して、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」では、ディズニーアニメーション長編映画57作品を楽しむ大型特集を今月19日より展開する。

【動画】ディズニーアニメーション特集の特別映像

 19日からは、「『ラーヤと龍の王国』公開目前 ディズニーアニメーション長編映画ランキング 」 と題して、57作ある作品の中から、ディズニープラスの視聴ランキング トップ20を公開。

 最新映画公開日となる3月5日からは、「『ラーヤと龍の王国』公開記念 ディズニーアニメーション長編映画の歴史を振り返る」と題して、公開年を切り口に、57作をその歴史を振り返りながら楽しめる特集を実施。世代を超えて愛され続けてきた名作から、最先端の技術を駆使して描かれた最新作まで、歴史の流れにそって作品を楽しむアシストをする。

 配信に先駆けて公開された特別予告編では、『ラーヤと龍の王国』の主人公“ひとりぼっち”の救世主ラーヤにちなみ、57作から厳選した“信じあう心の大切さ”を象徴するシーンを集めた見ごたえのある映像となっている。不朽の名作『ピノキオ』よりブルー・フェアリーがピノキオに魔法をかけるシーンに始まり、『バンビ』、『リトル・マーメイド』、『ライオン・キング』、『シュガー・ラッシュ』『アナと雪の女王2』などの映像を使い、信じる心の大切さを名シーンで描き出す。

 プレミアアクセスとは、ディズニープラス会員にプレミアアクセス料金2980円(税抜)を一度支払うと、ディズニープラス会員でいる限り映画『ラーヤと龍の王国』をいち早く、何度でもくり返し視聴できる。