水原希子とさとうほなみが演じる女性2人の極限の愛憎を描く、Netflix映画『彼女』の配信開始日が4月15日に決定。真木よう子、鈴木杏、田中哲司、南沙良、新納(にいろ)慎也、田中俊介、鳥丸せつこらの出演が明らかになった。

【写真】本作への出演が明らかになった南沙良

 原作は、中村珍氏の『羣青』(小学館IKKIコミックス)。メガホンをとるのは『ヴァイブレータ』(2003年)、『軽蔑』(11年)、『彼女の人生は間違いじゃない』(17年)、『ここは退屈迎えに来て』(18年)など、孤独を感じている人々を鋭く、かつ情熱的に描き出してきた廣木隆一監督。

 同性愛者の永澤レイ(水原)と、夫から壮絶なDVを受けている篠田七恵(さとう)。高校時代から七恵に恋をしていたレイは、彼女のために夫を殺害する。自分のために殺人まで犯したレイに疎ましさと恐ろしさを抱く七恵と、そんな彼女を生かすため、すべてを受け入れるレイ。互いに愛を欲しながら、絡み合わない想いをぶつけあう、レイと七恵。正しいことも悪いことも、愛も憎しみも限界を超えた彼女たちの逃避行がはじまる。

 新たに発表されたキャストたちは、一筋縄ではいかない展開を感じさせる。先の無い逃避行を続ける2人にどのように絡んでくるのか、今から物語の行方に期待が膨らむ。

 併せて解禁になった超ティザーアートには、穏やかなような、それでいて寂しげにも見えるレイの横顔と彼女の髪に優しく触れる手が切り取られている。「彼女」とは一体誰のことを指すのか。この手の持ち主はレイのこと愛しているのか、いないのか…。さまざまなイメージが浮かんでくる1枚となっている。