1940年に初公開されて以来、傑作中の傑作と世界中の人から称賛され、ウォルト・ディズニーの最も偉大な創造的業績の1つとされている名画『ファンタジア』が、3月26日より東京・新宿ピカデリーほか、全国の映画館で順次公開されることが明らかになった。

【写真】魔法使いの弟子の姿をしたミッキー

 この作品は、選び抜かれたクラシックの名曲8曲にアニメーションを融合させた画期的な企画で、アニメーション・セグメントにはせりふはなく、映像、色彩、アニメーション、音楽を通して物語が語られる。

 音楽は“音の魔術師”レオポルド・ストコフスキーが指揮し、フィラデルフィア管弦楽団が演奏、そして各アニメーション・セグメントは作曲家であり音楽評論家でもあるディームズ・テイラーがナレーションが紹介。

 60人以上のアニメーター、100人を超えるオーケストラ編成、1000人を超えるスタッフが3年を費やして製作した超大作は今見てもその作品力に圧倒されるに違いない。80年もの間、多くの人に感動と影響を与えてきたアニメーションとクラシック音楽の完璧なマリアージュ作品を、現代の映画館のスクリーンで堪能できるまたとない機会だ。