お笑いトリオ・ハナコが、15日放送の日本テレビ「シンドラ」枠『でっけぇ風呂場で待ってます』(深0:59)第3話に出演決定した。人気グループ・Kis-My-Ft2の北山宏光、Sexy Zoneの佐藤勝利W主演による同ドラマの第3話『想い出は片付かない』において、秋山寛貴が初めて脚本を担当。これに併せて、本編には岡部大と菊田竜大も俳優として参加する。

【動画】第3話は忘れ物で妄想がさく裂?

 今作は、秋山のほか『キングオブコント』歴代王者であるシソンヌ・じろうをはじめ、かが屋・賀屋壮也、空気階段・水川かたまりら人気コント師たちが脚本を務め、松見(北山)と梅ヶ丘(佐藤)が切り盛りする下町の銭湯『鵬(おおとり)の湯』を舞台としたワンシチュエーションコメディー。

 鵬の湯に残された落とし物をテーマにした第3話では、脱力系リサイクル業者・島村を菊田、流されやすい青年・田辺を秋山、母親との思い出に浸りすぎる小説家・鳥羽を岡部がそれぞれ演じる。2人を知り尽くす秋山の描く“クセ強めキャラ”をどう演じるのかも見どころになる。

 初ドラマとなる菊田は「北山さん、勝利くん、長谷川(忍)さんのおもしろやりとりは必見です! ぜひごらんください!」とアピール。岡部は「ついにひろきが脚本デビューです!!! そしてそのデビュー作品に岡部、菊田、出演させていただきます!!! こんなにめでたいことはありません!!! 皆さんも赤飯炊いてしっかり見届けてやってください!!!」と喜びをあらわにした。

 そして初めてドラマ脚本に挑戦した秋山は「『松見ならこんな時に悩むんじゃないか?』というとこから進み始めたお話です。いろいろな手助けを頂きながら進んだ初脚本、放送正座で見届けたいと思います! みなさんはぜひゆったりのんびりお楽しみください!」と呼びかけている。