歌手の沢田研二、俳優の菅田将暉がW主演を務める映画『キネマの神様』の公開が、新型コロナウイルスの影響を受け、予定日の4月16日から再延期されることが決定した。新たな公開日については後日、発表される。

【動画】志村さんの代役に沢田研二 若き日を菅田将暉が演じる

 同作は、1920年に蒲田撮影所を開所した松竹映画の100周年を記念して製作。『第1回日本ラブストーリー大賞』『第36回新田次郎文学賞』などを受賞している人気小説家・原田マハ氏がつづった原作を、山田洋次監督が“家族”をテーマにした映画作品に仕上げる。

 沢田が演じるのは、無類のギャンブル好きのゴウ。若き日のゴウを菅田が演じ、二人一役で主人公を担当。さらにゴウの妻・淑子を宮本信子、映画の撮影所で働くゴウとテラシンがともに恋心を抱く食堂の娘を永野芽郁が演じる。時代を越えて繰り広げられる愛と友情が描かれ、若き日のゴウが信じた“映画の神様”が時を越えてひとつの家族にある奇跡をもたらすストーリーが紡がれる。

 映画初主演を予定していた志村けんさん(享年70)の遺志を継いだキャスト・スタッフたちは、この作品を無事完成させることが、志村さんへの一番の供養になると信じ、コロナ禍を乗り越え、無事にクランクアップを迎えたが、「一人でも多くの方により良い環境でこの作品を届けたい」との思いから公開の再延期が決定した。