人気デュオ・KinKi Kidsの堂本光一が作・構成・演出・主演務めたミュージカル『EndlessSHOCK』映画版が、2週間限定で全国の映画館にて公開中。今作の3年後の世界を描き、現在、帝国劇場で上演されている『EndlessSHOCK-Eternal-』が12日に1800回公演を達成、同時に光一のミュージカル単独主演記録も1800回を達成の快挙を成し遂げたことから、同じ日比谷にあるTOHOシネマズ日比谷では映画版のロングラン上映が決定した。帝劇で舞台が千秋楽を迎える31日まで上演する。

【写真】ヒロイン・リカを続投した梅田彩佳

 今作は日本演劇界におけるミュージカル単独主演記録1位を更新中の驚異的ミュージカルが、初演から20年の歴史の中で初めて映画館に登場。2020年2月の公演中止後に、無観客の帝国劇場にクレーンカメラ3台を含む16台のカメラを持ち込みさまざまなポジションに設置、そして1台のドローンを飛ばし、通常客席からは観ることのできない新しい『Endless SHOCK』を撮影。監督は光一が自ら務め、映像、音楽、編集にもこだわり、迫力のパフォーマンスをスクリーンでも届ける。

 またニューノーマルな状況下で新たな『SHOCK』を構想していた光一は、昨年10月に梅田芸術劇場にて『EndlessSHOCK』のスピンオフ作品『EndlessSHOCK-Eternal-』を初上演。さらに、7月には『SHOCK』シリーズを20年にわたってけん引してきた功績で第四十五回菊田一夫演劇大賞を光一が受賞。さらに2月4日からは帝劇で『Endless SHOCK-Eternl-』を開幕させている。