俳優の藤木直人が13日、都内で行われた映画『夏への扉 -キミのいる未来へ-』完成報告会イベントに出席。山崎賢人演じる主人公に力を貸すヒューマノイドロボット役を担当しているが「ロボット役の藤木直人です! こういった役どころを言うのは、人生で、最初で最後だと思うので」と声を張ってあいさつすると「びっくりしました(笑)。人間じゃないんだって(笑)。二度見ならぬ、二度聞きですよね。ちょっとハードルが高いというか、難しそうだったので、1回お断りしました」とぶっちゃけた。

【写真】ヒューマノイドロボットを演じる藤木直人

 監督やキャストが驚きの声を上げる中、藤木は続けて「(山崎)賢人くんと以前連ドラでご一緒していたのですが、その賢人くんとご一緒できるということで、思い切って飛び込みました」とオファーを受けた決め手を説明。三木孝浩監督は「早く藤木さんのロボット役を見ていただきたいですね。すごく魅力にあふれたキャラクターです」と太鼓判を押していた。

 原作は、1956年にアメリカで発表されて以来、世界中で愛されるSF小説。その名作を、本作では日本を舞台に再構築。1995年から2025年へ時を超え、人生のすべてを奪われたロボット科学者・高倉宗一郎(山崎)が、未来を取り戻す冒険物語として描かれる。宗一郎が家族のように大切に思う恩人の娘・璃子を清原果耶が演じる。

 イベントにはそのほか、山崎、清原も出席した。