漫画『ストロボ・エッジ』『アオハライド』などで知られる咲坂伊緒氏の完全新作連載『サクラ、サク。』が、13日発売の『別冊マーガレット』(集英社)3月号でスタートした。カラー含む60ページで掲載され、同号では、第1話の前日譚となるスペシャルプロローグ読切『私に名前がついた日』もとじ込み付録として収録。計83ページで、『思い、思われ、ふり、ふられ』の完結から1年半ぶりの新たな“咲坂伊緒”ワールドが開幕する。

【画像12枚】咲坂伊緒氏の新連載!公開された美麗イラスト含めた第1話

 新連載は、そのほか大勢でしかなかった自分を変えるきっかけを与えてくれた、「桜」という男の子を探していた藤ヶ谷咲が主人公。入学した高校で「さくら」と呼ばれる男子に会い、運命を感じたが…。咲坂伊緒氏が描く恋と希望とキュンが咲き乱れる新時代の青春ラブストーリー。

 担当編集は注目ポイントとして「王道少女漫画とは? その問いに対するひとつの答えがここにあります。前を向いて自分にできることを懸命に探し、友達を作り、恋をする。『なりたい自分になるために』『ありたい自分であるために』毎日の自分を決して諦めない。人としてのモラルが問われる時代だからこそ、主人公・咲の生き方は多くの人の心を打ちます。前代未聞の厳しい世界を生きる学生に、咲坂先生が贈る渾身のエールをお見逃しなく」と呼びかけた。

 なお、同号ではSnow Manの佐久間大介が巻頭グラビアに登場している。