国際アニメーション映画祭『東京アニメアワードフェスティバル 2021』(TAAF2021)の「アニメ オブ ザ イヤー部門」の受賞作品が12日、発表された。2020年度(2019年10月1日より2020年9月30日)全上映・放映作品457作品より、最も優れた作品として、作品賞の劇場映画部門は『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』、テレビ部門は『映像研には手を出すな!』、アニメファン賞は『アイドリッシュセブンSecond BEAT!』が受賞した。

【画像】ファン20万人が選んだ作品は?『アイドリッシュセブン』のビジュアル

 2021年で8回目の開催となる『TAAF』は、2002年に『東京国際アニメフェア』の一環として行われた『東京アニメアワード』を独立・発展させた国際アニメーション映画祭。「次世代のアニメーション制作を担う人材の発掘・育成等を行い、東京のアニメーション文化と産業の発展・振興を図ること」及び「東京の魅力を発信し、東京の観光振興に資すること」を目的としている。

 『東京がアニメーションのハブになる』を合言葉に、高いクオリティとオリジナリティに富む世界中の作品を東京で上映し、世界中のアニメーションを愛する人々との交流を図ること、クリエイターや観客に刺激と感動を提供すること、そしてその感動や刺激を糧にアニメーションの新たな波を東京から世界へ発信することを目指している。

 そして今回、アニメ業界の第一線で活躍しているプロデューサー、クリエイター、そのほかメディアやアニメグッズを扱う店舗など、幅広いアニメ業界のプロフェッショナルによる投票で選ばれた「作品賞」「個人賞」、ファン投票で選ばれた「アニメファン賞」を発表した。

 作品賞・劇場映画部門の『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は昨年9月18日より公開中の映画で、京都アニメーション制作で2018年1月期に放送されたテレビアニメの劇場版として、興収21億円を突破。『第44回日本アカデミー賞』の優秀アニメーション作品賞にも選ばれている。

 作品賞・テレビ部門は『映像研には手を出すな!』は、『月刊!スピリッツ』(小学館)にて連載中の漫画が原作で、『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』などの湯浅政明監督&スタジオ「サイエンスSARU」が制作。乃木坂46・齋藤飛鳥が主演で実写ドラマ化もされた。

 アニメファン賞の『アイドリッシュセブンSecond BEAT!』は、ファン投票数20万3480票の中から選ばれた。今年の『TAAF2021』は、3月12日から15日までの4日間、東京・池袋で新型コロナウイルス感染症対策を徹底したうえで開催される。

■「アニメオブ ザ イヤー部門」
作品賞:『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』、『映像研には手を出すな!』
アニメファン賞:『アイドリッシュセブンSecond BEAT!』

個人賞
原作・脚本:吉田玲子(代表作『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』)
監督・演出:外崎春雄(代表作『テイルズオブゼスティリアザクロス』『鬼滅の刃』
アニメーター:松島晃(代表作『テイルズオブゼスティリアザクロス』『鬼滅の刃』)
美術・色彩・映像:渡邊美希子(代表作『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』
音響・パフォーマンス:梶浦由記(代表作『ソードアート・オンライン-アリシゼーション- War of Underworld 』など)