昨年10月に人気アイドルグループ・乃木坂46を卒業し、現在はモデル・女優として活動する白石麻衣が、NHKの公共メディアキャンペーン「新型コロナ 命を守る行動を」の2分番組に出演することが明らかになった。

【写真】気になる後遺症について医師に聞く白石麻衣

 このキャンペーンでは、特に 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な若い世代への意識を高めてもらうため、 連日さまざまな企画を放送している。今回、白石を起用した2分番組では、新型コロナウイルスの“後遺症”とされる患者を数多く診療してきたクリニックの院長・平畑光一氏と都内の病院のコロナ専用病棟で働く看護師、坂井さやかさんにリモートでインタビューを敢行。緊急事態宣言が延長され、感染拡大が続いている今、コロナの恐ろしさや医療現場の深刻な状況を若い世代に改めて知ってもらうため、白石は自らの言葉でそれぞれが伝えたいメッセージやリアルな問題意識と向き合った。

 白石は「今回、コロナの最前線で懸命に頑張っている医療従事者の方々にインタビューし、私たちのような若い世代が感染防止への意識を変え、今すぐ行動に移すことがいかに大切かを改めて実感しました。私たち自身が変わらなければいけないんだという事を強く感じた取材となりました」と、コメントしている。

 「白石麻衣 コロナ後遺症とは?」は15日、「白石麻衣 最前線の看護師に聞く」は16日、 いずれも総合テレビで昼と夜の2回ずつ(後0:43~0:45/後8:42~8:44)放送。