20日発売の雑誌『SWITCH』は、人気アニメ『呪術廻戦』、『進撃の巨人 The Final Season』などを手掛けるアニメスタジオ・MAPPAを特集。表紙はMAPPAによる描き下ろしで、現在放送中の『呪術廻戦』が飾っている。

【画像】進撃の巨人、呪術…先行解禁された貴重な絵コンテ&原画

 2011年の設立以降、話題作を次々と世に送り出してきたアニメスタジオ「MAPPA」。現在放送中の上記作品のほか、4月から放送される『ゾンビランドサガ リベンジ』3作品の原画や絵コンテを交えて、今年10周年を迎えるMAPPAのアニメ制作術をひも解く38ページの特集となる。

 『呪術廻戦』からは、声優・榎木淳弥(虎杖悠仁役)&中村悠一(五条悟役)が登場し、作品と自身が演じるキャラクターの魅力を語り、監督・朴性厚氏は「領域展開」やOP/EDの作画・演出に施された工夫を明かす。

 『進撃の巨人 The Final Season』からは、梶裕貴(エレン・イェーガー 役)&細谷佳正(ライナー・ブラウン 役)が登場。世界的支持を集めた過去3シーズンから『進撃の巨人』の制作を「継承」したMAPPAは、何を変え、何を変えなかったのか。2013年のSeason 1から約8年にわたり演じ続けてきた梶と細谷が語るほか、スタッフ陣はMAPPAがThe Final Seasonで描く「最後の進撃」を語る。

 『ゾンビランドサガ リベンジ』からは、宮野真守(巽幸太郎役)&本渡楓(源さくら役)が登場。4月に帰ってくる「フランシュシュ」の7人だが、待望の続篇はいったい何に「リベンジ」するのか? 宮野と本渡が続編への想いを話す。