俳優・佐藤二朗が原作・脚本・監督を手掛け、自らも出演し、公開延期となっていた映画『はるヲうるひと』が、6月4日より全国公開されることが決定した。佐藤監督から最新コメントが届いた。

【動画】佐藤二朗監督コメント映像+特報映像

 本作は、佐藤が主宰する演劇ユニット【ちからわざ】で2009年に初演、14年に再演され、演劇界からも絶賛された舞台を映画化した作品。主演に山田孝之、共演には仲里依紗、坂井真紀らが集結し、約5年を掛けて完成させた。19年度第35回ワルシャワ映画祭の1-2コンペティション部門(長編監督2作目までの部門)に正式出品、第2回江陵国際映画祭(2020年11月5~7日開催)では最優秀脚本賞を受賞している。

【佐藤二朗監督のコメント】
 皆さん、こんにちは、こんばんは、佐藤二朗です。僕が監督をした映画『はるヲうるひと』、コロナの影響で公開が延期となっておりましたけれども、6月4日にいよいよ公開が決まりました。試写をご覧になったあるベテラン記者さんの言葉です。《皆が皆、必死がにじむような芝居をしている。》本当に、撮影期間中、役者それぞれが、簡単には登れないような山にそれぞれ生傷を抱えながら、自分が生きる為に必死に登り詰める、そんな芝居を役者全員がした、奇跡のような作品だと思っています。架空の売春宿という独特の空間を舞台にしたこの映画を、映画館という日常とは違う何物にも代えがたい空間でご覧頂きたい、そう思っています。6月4日です、いよいよ公開です。

■あらすじ
 その島は、至るところに「置屋」が点在する。本土からは日に二度連絡船が出ており、客の往来の足となっている。住民たちはこの閉塞された島で一生を過ごす。女は客から「外」の話を聞いて思いをはせる。男は、女たちのそんな「夢」を一笑に附して留まらせる。ある置屋にその「三兄妹」はいた。長男の哲雄は店を仕切り、その凶暴凶悪な性格で恐れられている。次男の得太は哲雄にこびへつらい、子分のようにしたがっている。長女のいぶきは、長年の持病を患い床に伏しいてる。ここで働く4人の個性的な遊女たちは、哲雄に支配され、得太をバカにして、いぶきに嫉妬していた。女を売る家で唯一女を売らず、それどころか優遇された箱入り娘。しかも、いぶきはだれよりも美しかった。その美しいいぶきを幼少から見守り寄り添う得太であった…。