女優の北川景子(34)と木村佳乃(44)が11日、都内で行われた映画『ファーストラヴ』(公開中)初日舞台あいさつに登壇した。

【動画】木村佳乃との感動エピソードを語る北川景子

 撮影やプロモーション活動を通して感じた“愛”を聞かれたキャスト陣。北川は「プロモーションでたくさんの方がかかわってくれて愛を感じたんですけど」とスタッフへ感謝の思いを口に。

 続けて「プライベートで佳乃さんと連絡とらせていただいてますが『景子ちゃん疲れてない?』とお電話いただいて、その声が優しくて泣きました。頑張ろうと思えました」と木村の配慮にありがたみを感じたという。

 木村は「内緒にしてた話なんですけど、どうしよう」と赤面。そして「お子さんは小さいし、大変だろうなって。お恥ずかしい(笑)。汗をかいちゃいました」と照れ笑いを浮かべていた。

 この日は、中村倫也(34)芳根京子(23)、窪塚洋介(41)、板尾創路(57)、堤幸彦監督(65)も登壇した。

 「動機はそちらで見つけてください」と、アナウンサー志望の女子大生が父親を刺殺する場面からスタートする原作小説は、累計発行部数35万部を超えるベストセラーに。北川が演じる公認心理師の真壁由紀は、事件のドキュメンタリー本執筆の依頼を受け、容疑者・聖山環菜(芳根)と面談を重ね、二転三転する供述に翻ろうされながらも彼女の心理に迫る。やがて由紀自身がしまいこんでいたある過去の記憶にも結び付く、意外な真相が浮かび上がっていくサスペンスミステリー作品。