2月14日はバレンタインデー。今年はコロナ禍でのイベントとなり、デパートや専門店でも特設会場を設置しているが、苦戦傾向も。とはいえ、自分用にと高級チョコを購入する人も多いとか。日曜日ということもあり、チョコを渡す機会は例年より少なくなりそうだが、ORICON NEWSでは毎年恒例の『第14回 女性が選ぶ恋人にしたい有名人ランキング』を調査。2018年の首位以来3年ぶりに【相葉雅紀】が1位を飾った。

【ランキング表】包容力のある“国宝級”イケメンがランクイン! 10~50代の世代別TOP5も発表

■全世代の女性から支持集中「まさに理想の恋人」「大切にしてくれそう」

 ランキング常連の【相葉雅紀】が3年ぶりに首位返り咲きを果たした。昨年末で嵐は活動休止となったが、持ち前の明るさと癒し系の笑顔で不動の人気を誇っている。彼を選んだ理由で多かったのは相葉ならではの「優しさ」や「笑顔」。

 『I LOVE みんなのどうぶつ園』(日本テレビ系)では動物と触れ合う姿を見せ、「動物にも優しいし、決まるべきところで実力を発揮する頼り甲斐がある」(香川県/20代)、「いつも笑顔で邪気がなさそうで癒される。動物好きで優しそう」(愛知県/40代)と彼の穏やかな姿が絶賛を集めている。

 また、『VS嵐』から引き継いだ『VS魂』(フジテレビ系)で見せる全力で一生懸命な姿も好印象。「何事にも一生懸命で努力家で優しいところが好きです」(北海道/50代)との声もあった。

 『相葉マナブ』(テレビ朝日系)では料理も披露することも。「心優しくて、料理もできるし、いつも笑顔で一緒にいたら幸せになれる」(千葉県/30代)とも称され、男らしさと思いやりのある姿に、恋人になったときも自分を大切にしてくれたり、守ってくれそうと感じる女性が多いようだ。

■ドラマ効果と寄り添うようなSNS使いで急浮上 13年ぶりのTOP10入り

 2008年以来13年ぶりに同ランキングに登場した【佐藤健】が、いきなりの2位に。10位にランクインした2008年から大きく順位を上げての登場となった。要因は何といっても昨年放送のドラマ『恋はつづくよどこまでも(恋つづ)』(TBS系)のヒットと、公式LINEやYouTubeチャンネルの話題だろう。

 『恋つづ』では、ドSの医師・天堂浬を演じ後半のツンデレなキスシーンも含めて、改めて佐藤の魅力を世に知らしめた。SNSでは彼の好きな謎解きゲームや神木隆之介らとの交流もつぶさに発信し、気さくな素顔を見せた点も大いに人気を高めた。

 そんな彼に「優しそうで思いやりがあり、引っ張っていってくれそうだから」(埼玉県/50代)、「一緒に謎解きをやりたい。同じ趣味があって楽しく過ごせそう」(神奈川県/20代)と称賛の声が多数。「付き合ったら大事にしてくれそう」(神奈川県/40代)など世代別で40代からの支持では1位となった。

 4月23日には映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』の公開も控えている佐藤。映画、CM等で今年も視聴者を魅了し、同ランキングでも常連になることが予想される。

■物腰柔らかなのに、ふとした瞬間に見せる色気に夢中

 【中村倫也】はもはやランキング常連の一人となり、3年連続で3位を維持。昨年秋クールのドラマ『この恋あたためますか』(TBS系)でのコンビニチェーン社長役も話題に。胸キュンドラマの効果もあり、女性の恋人にしたい欲求もキープできた。ほかにも、昨年は映画『水曜日が消えた』、『人数の町』に主演するなど多数の作品に出演。

 ゆるふわなイメージのある彼だが、コメントでは「フェロモンが溢れ出ている。妖艶な色気もあってホントにカッコイイ。物腰も柔らかく誰に対しても言葉も丁寧で好感が高い」(大阪府/30代)、「ソフトな中にも色気がある」(愛媛県/40代)など、ふとした時に見せる“男の色気”を感じ取り、2人きりになったときを妄想する女性も。

 実写版映画『アラジン』の吹き替えを担当し、見事な歌声も披露するなど「声」も魅力で、「声がいい。囁かれてみたい」(神奈川県/50代)との意見もあった。

 今年放送のドラマ『珈琲いかがでしょう』(テレビ東京系)の主演も発表され、移動珈琲店の店主青山を演じる中村に癒される女性が増えそうな予感。


■本命だけに見せる素顔 ただ「かっこいい」だけじゃないギャップが刺さる

 2人きりで過ごす時だけに見せる“ギャップ”も恋人になった特権。そんなギャップが魅力となっている点をあげる女性も多く見られた。

 5位の【平野紫耀】(King & Prince)は昨年のドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)で細マッチョな鍛え上げられたボディが話題に。バラエティ等で見せる天然な発言も魅力で「男前なのに、天然なので一緒にいたら絶対楽しい」(埼玉県/30代)、「天然だけど可愛らしくて優しいので、私も穏やかになれそう」(福岡県/40代)など多くの女性を虜にしている。「かっこいいのに天然というギャップが良すぎる」(神奈川県/10代)の声もあり、世代別の10代では1位を飾った。

 7位【横浜流星】は、昨年のドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』『私たちはどうかしている』(いずれも日本テレビ系)に主演。極真空手の元世界王者で、ドラマ等でアクションシーンを披露。しかし、バラエティでは、平野同様に天然な部分を見せることもあり、強さとのギャップで女性のハートをつかんでいる。「強いから守ってくれそうだし顔がキレイだから」(愛媛県/30代)、「かっこよくて優しそうだから」(東京都/30代)と30代からの支持では1位だった。

 近年、大人の男性がランクインすることも多かったが、今年は「包容力」や「守ってくれそう」という言葉も多く見られた。何かと不安が多い昨今だからこそ、頼れる存在や安心できる存在を求めている女性が多いのかもしれない。


【調査概要】
調査時期:2021年1月19日(火)~1月25日(月)
調査対象:計500名(自社アンケートパネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代、50代の女性)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査
調査機関:オリコン・モニターリサーチ