お笑いコンビ・ダウンタウンが、20日放送のニッポン放送『アッコのいいかげんに1000回』(毎週土曜 前11:00)にゲスト出演。同局への2人そろっての出演は33年ぶりとなるが、パーソナリティーを務める和田アキ子は冒頭で「まさかラジオに2人がそろって出演してくれるなんて。私の周りの人がみんなびっくりしている」と興奮気味に話し、緊張で収録前日はあまり寝られなかったことを明かした。

【写真】松本人志、和田アキ子からの“直電”明かす

 そんな中、番組30周年を祝うため、ダウンタウンの2人が登場したが、松本人志が「やむなく来ましたよ~」とボケつつ「浜田は相当嫌がっていたので、僕がだいぶ説得しました」と笑いを誘うと、浜田雅功が「そりゃ、2つ返事ですよ、アッコさんですから」と返すなど、勢いあるトークにスタジオが笑いに包まれた。

 番組では、33年前に出演していた同局の番組に出演した際のエピソードや東京に来た当時の思い出、松本が作詞作曲して、和田が歌った名曲「ようかん夫妻」のエピソードなどが語られたほか、和田が2人に対してずっと言いたかったことが赤裸々に語られた。

 時間の許す限り、リスナーからの質問にも答えたダウンタウンだったが、和田からの質問に松本は一瞬絶句。来年芸能生活40年を迎える松本が「初めて聞かれた!」と驚いた和田の質問とは。