NHK総合で3月29日に特集ドラマ『いないかもしれない』(後10:45~11:15※単発)が放送される。劇作家・大池容子氏(よるドラ『伝説のお母さん』、 FM シアター『巣ごもりな人々「ここから見える車」』)とともに開発したオリジナル脚本をドラマ化。三浦透子、清水くるみ、あやかんぬ、戸塚純貴、杉野遥亮らが出演する。

【写真】組み写真をバラした出演者たち

 ものがたりのきっかけは、高校の同窓会。久しぶりの再会に盛り上がっているかのように見えた男女の中には、見知らぬ女が混じっていた。「あの子、誰…?」。謎の女の存在にざわつく元同級生たちは、チャットアプリを開き会議を始める。思い出話に完全に溶け込む女の正体は一体…? 忘れただけの知り合い? それとも…? 彼らが隠していた高校時代の“黒歴史”が掘り返されていく。

 カフェバー「ODAZY (オダジィ)」では、高校の同窓会の二次会が行われている。同級生の明美(清水)と涼子(三浦)、吉岡(杉野)、小田島(戸塚)は、その場に見ず知らずの女(あやかんぬ)が平然と同席していることに内心ざわついていた。会話を続けながらもSNS 上のグループトークで女の正体について会議をするも、謎は深まるばかり。

 やがて女は卒業して6年が経った高校時代の明美と涼子の黒歴史を話はじめる。明美と涼子は高校時代、スクールカーストの下位に位置し、クラスのアイドル“由美ちゃん”を疎んでいた。二人は“由美ちゃん”の個人アカウントの「なりすまし」を行い、ありもしない誹謗中傷を繰り返す。他愛もないいたずらから“由美ちゃん”は心を病み、不登校、そして由美ちゃんは姿を消した…。

 果たして謎の女の正体は? 由美ちゃんの双子の妹? 由美ちゃん本人? 疑心暗鬼が蔓延する中、“親友”だったはずの明美と涼子が互いを罵り始める。“いまはなき”由美ちゃんの復讐がはじまる。

 カフェバーというリアルな空間で繰り広げられるやりとりと、複数同時に繰り広げられる SNS 上の仮想世界でのやりとりを映像化。ワンシチュエーションで、ワンシチュエーションでない新感覚のドラマ。

 脚本の大池氏は「今になって学生時代を振り返ると、楽しかったことだけではなく、記憶から消し去りたいような恥ずかしい思い出や、誰かを傷つけてしまった苦い記憶が蘇ることがあります。『いないかもしれない』は高校の同窓会に謎の女が現れ、忘れたいと思っていた苦い記憶がデジタルの世界を通して日常に侵食してくるお話です。過去に翻弄される登場人物たちの滑稽さが、愛おしく見える瞬間があればいいなと思っています」と、コメントを寄せている。

※記事初出時、放送日時を3月20日(後11:30~11:59)としておりましたが、3月29日(後10:45~11:15)に変更となりました。