テレビ界のレジェンド・黒柳徹子が司会を務めるトークショー『徹子の部屋』(月~金 後1:00~1:30)。テレビ朝日系で放送されている国民的長寿番組が、今月2日に45周年という大きな節目を迎えた。前人未踏の偉業を達成し、またまた番組の“伝説”を更新した黒柳が喜びを語るとともに、次なる目標=50周年に向けて、笑顔で新たな決意を明かした。

【写真】「オードリー・ヘップバーンかと」「小悪魔的かわいさ」美しすぎる“黒猫”仮装の黒柳徹子

 『徹子の部屋』は1976年2月2日、故・森繁久彌さんを初回ゲストに迎えてスタート。開始当初から編集を加えない“生放送スタイル”を貫き、放送8961回を迎えた2010年4月27日には、同一の司会者による最多放送記録としてギネス世界記録に認定。その後も名実ともに日本を代表するテレビ番組として、途切れることなく放送を続けてきた。

 45周年を迎えて黒柳は、「ものすごくうれしいです! 毎日毎日ゲストの方をお招きしてお話をうかがってきましたが、45年という長い歳月が経ったんだなと思うと、やはりすごいことだなと自分でも驚いています」と喜びを告白。

 「ゲストのみなさま方がきちんと収録に来てくださったことが大きかったと思います。そんな素敵なゲストの方々を選んでくれるスタッフはもちろん、彼らとの“手抜きをしない打ち合わせ”をとても大事にしてきました」と、番組が続いた秘訣を明かし、ゲストやスタッフへの感謝を口にした。

 さらに、「私、ときどき自分でも番組を見るのですが、『徹子の部屋』ってやっぱりとっても面白い!(笑) 自分でも面白いなと思えるなんて、とてもありがたいことだなと思っています」と、誰よりも自分自身が楽しみながら番組の歴史を積み重ねてきたことを打ち明けた。

■新たなレジェンド=50周年に向けて始動! 今後もゲストとの出会いに期待

 45年の歴史の中で、「収録に行きたくないな」と思ったことは「いちどもありません!」と、きっぱり。「よく晴れた日だって『どこか見晴らしのいい場所にピクニックに行きたいなぁ』なんて思ったことはまったくなくて、私にとってスタジオに行ってゲストの方々とお話しするのがいちばんの楽しみ! 私、スタート当初は1年間でゲストが底をつくと思っていたの。でも45年もの間、いろいろなゲストがいらしてくださって、当日ドタキャンされる方もなく、本当にすべてがラッキーでした。ただひとつ残念なのは、昨年お亡くなりになったショーン・コネリーさん(『007』シリーズの初代ジェームズ・ボンド役で有名)をゲストに迎えることがかなわなかったことです」と、胸の内を吐露。

 45周年を達成した今、次の目標を聞くと、「きりがいいのは50周年なので、それをとても楽しみにしています。たぶん1年ごとにワクワクが増していき、49周年のときなんてものすごく楽しみになると思うので、それを達成するために身体を鍛えています」と、めちゃくちゃ前向き。

 「今、私が元気なのは毎日、ジャイアント馬場さんに教えていただいたヒンズースクワットをやっているおかげですが、そのほかに体操も増やし、ごはんもおいしく食べて、とにかく身体の元気を保って楽しくやっていきたいと思っています。やっぱり楽しいっていうのは、とても重要なこと!」と、長寿の秘けつも。

 「『徹子の部屋』のスタッフはとても仲がよくて、以前はみんなでよく一緒に食事に行ったりしたのですが、このところそれもかなわず、本当に新型コロナウイルスは困ったものだと悲しく思っています。でも何よりスタッフのみなさん一緒に番組作っていくことが楽しみですし、これからもどんなゲストとの出会いがあるのか、期待でいっぱいです」と、瞳を輝かせていた。