狂言師の野村萬斎が主演する3月6日放送のフジテレビ系スペシャルドラマ『死との約束』(後9:00)において、脚本を手掛ける三谷幸喜氏の作品に初参加する女優・比嘉愛未、堀田真由、原菜乃華からインタビューコメントが到着。アガサ・クリスティーの名作を主演・野村萬斎×脚本・三谷幸喜で送るシリーズ第3弾。比嘉は「今までやってきた作品とはまた違う作品との出会いだと思って『これは絶対やりたい!』と、すぐにお返事させていただきました」と即決したことを明かした。

【場面写真】我が家・坪倉も出演

 今作はアガサが1938年に発表した長編小説『死との約束』を実写化。舞台を“巡礼の道”として世界遺産にも登録されている熊野古道に、そして時代設定を昭和30年に置き換えて執筆された。萬斎は名探偵・勝呂武尊(すぐろ・たける)を演じる。

 堀田と原が演じるのは、事件の被害者で、家族を思いのままに支配しようとする本堂夫人(松坂慶子)に支配されている長女・鏡子と次女・絢奈。そして比嘉は一家に執ように興味を示し、関与してくる医師・沙羅を演じている。

 比嘉は「昭和30年という時代において、自立した女性の医者は珍しいと思うので、衣装も他の人とはちょっと違って、トラディショナルというかメンズっぽいパンツを着てみたり、そういうファッションセンスでも一歩先をいっていて。でも何よりも沙羅の持つ“正義感”を一番大事に演じました。萬斎さんと二人のシーンも多かったのですが、私自身がすごく楽しんでお芝居できました」と充実した様子をみせる。

 堀田演じる鏡子は常に一家のことを気にかけ、夫人の厳しい態度にも努めて笑顔で応えている。一方の原が演じる絢奈は、小さい頃から体が弱く神経質な性格だった上に、夫人の過度な支配のあまり、家族に対しても心を閉ざしてしまっている。鏡子はそんな絢奈のことをふびんに思い、常に心配している…といったキャラクター。

 堀田は「三谷さんは、私がレギュラーで出ているバラエティー番組に映画の番宣で来てくださったんです。その時はじめてお会いして、いつかお芝居の現場でご一緒できたらいいなと思っていたので、今回、声をかけていただいてすごくうれしかったです」と歓喜。「三谷さんの作品は、他にも見させていただいていますが、それぞれの登場人物にしっかりとストーリーがあるというか、今回は特に皆さんのキャラクターが個性的ではあるのですが、それぞれに三谷さんの愛を感じるので、そこがすてきだなと思って読ませていただきました」と魅力を語る。

 オーデションで選抜された原は「すごく“この役をやりたい”っていう気持ちが強かったので、決まった時は純粋にうれしかったです」と想い入れは大きい。「設定はすごくぴりぴりした雰囲気の家族なんですけれど、カットがかかると、山本(耕史)さんを中心にとてもアットホームな家族になっていました。地方ロケでもご当地の食べ物の話で盛り上がったり。みなさんすてきな方ばかりで、撮影は楽しかったです」と和やかな現場を振り返った。