NHKは10日、女優の清原果耶がヒロインを務める2021年度前期連続テレビ小説『おかえりモネ』の放送開始日を【5月17日】と発表。全体の放送回数については、現段階において未定としている。

【写真】気仙沼市の定期船乗り場で撮影したシーンなど

 現在放送中の『おちょやん』は、5月15日(土)が最終回。全115回(23週)となる(本編の最終回は5月14日(金)で、15日は最終週の振り返り)。

 『おかえりモネ』は現代劇で、宮城・気仙沼で生まれ育ったヒロイン・永浦百音(清原)が、天気の魅力、可能性に目覚めて気象予報士の資格を取り、上京。さまざまなことが天気に関わっているということを経験し、故郷や家族、仲間のために何ができるかを考えながら成長していく物語。