お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳が10日、都内で行われたリアステージ『中小企業 緊急カンファレンス』にゲストとして出席した。

【写真】笑顔で”グッド”ポーズを披露する田村淳

 プロジェクトに賛同し、淳はアンバサダーを務める。費用面でハードルが高いタレントの広告起用に関し、プロジェクトに参画する企業は淳の肖像を自社WEBサイト、広告や販促物、広告動画などの広告宣伝に利用できる広告業界初のサービスを開始した。

 山下佳介COOは「多くのタレントの候補の方がいたんですけど、私たちも新たな取り組みへの挑戦。挑戦も1つのキーワード。田村淳さんも、お笑いの第一線で活躍されつつも大学受験だったり、会社を設立されたり、スタートアップの支援もされているので、この方しかいない」と話し、淳は「僕も僕以外は見当たらない(笑)。声をかけていただいて、ありがたい」と返していた。

 同イベントは「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」の一環として開催。コロナ禍における中小企業経営者の意見交換の場としてリアルな声や現状の課題についてディスカッションした。実際に肖像を広告に利用している企業からは「広告効果が2倍以上になった」といった反応が。淳は「よかったです。僕を前に『効果がないです』とは言いにくいでしょうけど(笑)」と安堵しながら「ここから、ますます応援します。一緒に中小企業を応援しましょう」と宣言。最後は「いろいろな会社の窓口を背負っている。プライベートに気をつけなきゃ」と気を引き締めていた。