人気グループ・KAT-TUNの亀梨和也が主演する日本テレビ系連続ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』(毎週土曜 後10:00)の撮影現場で、メインキャストである松下奈緒(36)と木村祐一(58)が、亀梨ほか出演者・スタッフからサプライズで誕生日を祝福された。

【動画】KZによるSPラップ動画解禁

 本編では亀梨が演じる主人公・伏見響介とKSBC(神奈川県警捜査分析センター)メンバーを次々と狙う犯行、その全てを操る黒幕『青いコートの男』の謎が交錯するスリリングなクライムサスペンスが進行中。

 緊迫した場面が続く中、舞台となるKSBCセットのシーンリハーサル終わりに突然スタッフから「本日、2月8日は松下奈緒さん。そして翌9日は木村祐一さんのお誕生日です!」と声がかかり、バースデーソングとともに、亀梨がプレゼントを贈呈した。

 このサプライズに松下は「ありがとうございます。36歳になって最初の現場がレッドアイズです。最後までしっかりと務めたいと思います」と笑顔。木村は「気を遣って頂いてありがとうございます。58歳でございまして、亀ちゃんと最初に会ったときは42歳。歴史を感じます。ちなみにオードリー春日と同じ誕生日でございます」と照れながらも現場の笑いを誘っていた。

 13日放送の第4話は、木村演じる山崎辰二郎と絶縁状態だった息子(塩野瑛久)が、半グレ集団に拉致されてしまう。彼らと過去に因縁のある山崎は、息子の命を救うために賭けに出る。真犯人の狙いと謎がますます深まっていく。