お笑いコンビ・霜降り明星、女優の飯豊まりえが10日、都内で行われた実写映画『トムとジェリー』(3月19日公開)の応援団結成&ゲスト声優発表イベントに出席した。

【動画】実写映画『トムとジェリー』ゲスト声優発表イベントに登場した霜降り明星

 誕生80周年を迎えるアニメーションシリーズ「トムとジェリー」を実写化し、多才だけどお調子者でドジなネコのトムと、外見はかわいいがずる賢くて容赦ないネズミのジェリー。会えばケンカばかりで、常に追いかけっこを繰り広げる最強コンビ「トムジェリ」が、ついにスケールアップしてスクリーンに登場。アニメの世界からそのまま飛び出してきたトムとジェリーが実世界で大暴れ。ジェリーがニューヨークの高級ホテルに引っ越したところからふたりの追いかけっこが始まる。

 この日のイベントでは、飯豊が「公園に登場する女性と、鳩DJ」の二役、霜降り明星が「トムの心の中の天使と悪魔」の声を演じることが発表された。飯豊は「『トムとジェリー』は、子どもの頃から見てましたし、母親も大好き。家族で大好きなのでうれしい!」と喜んだ。

 また、作風になぞらえて「大嫌いだけど好きなこと」を問われた二組。飯豊は「自分が大嫌い。お芝居やトークでも常にこうすればよかった、ああすればよかったと思っちゃう」と回答しつつ「もっと器用になれればいいなと思うけど、自分しか自分を好きになれる人もいないのかな」と話した。

 同様の質問に、霜降り明星・せいやは「恥ずかしいけど、相方っすかね…」としたり顔でポツリ。相方・粗品から「キモいな、お前~!」とツッコミを受けつつ、せいやは「トムとジェリーもお笑いコンビっぽい。嫌いな所あるけど、ずっと二人でいたほうが面白い」と、自身と重ねていた。

 一方で粗品は「僕は四川風の麻婆豆腐。好きなんだけど、辛すぎて体を壊しちゃうんです」とマイペースな回答で笑いを誘っていた。