女優の綾瀬はるかが11日、都内で行われた『ユニクロLifeWearスペシャルアンバサダー』発表記者会見に登壇した。スペシャルアンバサダーに就任した綾瀬を祝福すべく、スペシャルゲストとして参加したミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が“ユニクロ”をテーマにした定番の漫才を披露。“おかんが好きなブランドを忘れた”ネタに綾瀬は笑顔でうなずきながら見守った。

【動画】新作漫才「ユニクロ」を披露したミルクボーイ

 普段からユニクロを愛用しているという駒場が「Life」、内海が「Wear」のロゴを着て登場。内海は「綾瀬はるかさんが後ろで観ていただいてる状態でやるなんてなかったので緊張しました」と感想を明かすと、綾瀬は「面白かったです」と満足げ。内海は「ボケるたびにウンウンいうてくれてました」とその反応を喜んだ。

 綾瀬が「間近で見れてうれしいです」と話すと、駒場は「(漫才を)観た史上一番近いと思います」と感無量。ネタの中で登場する“サイズが書いてある透明なシールをとり忘れる”は綾瀬も心当たりがあるようで「やったことあります、あるし、やってる人を見たことあります」と共感した。

 イベントにはほかにもキャッチコピーをもとにした「普段着の日が人生になると○○」というお題でミルクボーイがそれぞれ大喜利を披露することに。内海は「今までいろんな大喜利をしてきたけど一番難しい」と困惑気味になりつつも、「普段着の日が人生になると、花嫁ドレスがフリースになる!」と回答。一方、駒場は「普段着の日が人生になると、普段食べているタンパク質が筋肉になる」とユニクロ無関係のネタで内海を呆れさせた。

 どちらのネタがよかったか、綾瀬が選んだのは「『Wearさん』ですね」と内海に軍配が上がった。これに気を良くしたのか、内海は「もういっこいいですか? 普段着の日が人生になる、どちらも福来たるでしょう!」と高らかに声をあげるも、「やめとったらよかった!」と即反省して笑いを起こし、その場をまとめていた。

 綾瀬の出演する新テレビCMは12日より放送開始。