東映特撮番組が視聴できる2つの競合動画配信サービス「TELASA(テラサ※旧ビデオパス)」と「東映特撮ファンクラブ(TTFC)」の2つがタッグを組む共同企画の第3弾の『RIDER TIME 仮面ライダージオウVS ディケイド/7人のジオウ!』(TELASA)、『RIDER TIME 仮面ライダーディケイドVS ジオウ/ディケイド館のデス・ゲーム』(TTFC)が9日から配信開始。それを記念し、同作に出演するキャスト陣が『配信カウントダウンRIDERTIME祭り』を行った。

【動画】紺野彩夏、オーラの“色気”イジられ照れ笑い!大幡しえりは髪型チェンジで不安?

 生配信に出演したのは、仮面ライダージオウ/常磐ソウゴ役の奥野壮、仮面ライダーディケイド/門矢士役の井上正大、仮面ライダーツクヨミ/ツクヨミ役の大幡しえり、タイムジャッカーのオーラ役の紺野彩夏の4人なった。

 大幡は「きょう、この日来るのを楽しみしていた。1つ不安なのが、ソウゴ、ゲイツ、ツクヨミ含めて髪型が違う…。『ツクヨミじゃない』って言われたら、どうしようって不安がある」と照れ。紺野は「撮っているのも、ちょっと前。できあがりがどうなっているのか楽しみです。タイムジャッカーの3人で集まることはないので、久しぶりに会えて楽しかったです」と再開を喜んでいた。

 大幡は「ツクヨミ久しぶりでした。まさか、この髪の長さでやるとは思っていなかった。演じ方もそのままでいいのか、と。戦士っぽい、かっこいいツクヨミを演じようと心がけた。変身するシーンもグレードアップしていると思う」と変身していることをうっかりネタバレ。

 なんとか、その場を取りつくろうも、変身シーンは次第に変わっていくという話になると、井上が「ツクヨミさんも変わってるかもね」と水を向けた。大幡は「『ゲイツ、マジェスティ』の時も変わっているんですけど、今回も変わっているかな。でも、自分の中で今までで1番、カッコよくできたという自信がある」と話すと、井上は「これは変身がありそうですね」とニヤリ。策士としてしられる士のわなにハマっていた。

 紺野も「普段のオーラと全然、違う人格になっている」と今回の役柄を説明。そして、作風をうっかりバラしてしまい、奥野は「きょう、女子2人がダメですね」と笑いながらツッコまれていた。

 配信開始まで残り5分となったところでカウントダウンがスタート。井上は「原点に戻ろうという意味で、今回の士の髪型は『ディケイド』当時に合わせてもらいました。美容師さんに当時の写真を見せて、こんな感じにしてくださいって。ディケイドの新しい最強フォームも出てきますが、あの姿がファンのみなさんに受け入れられるかどうか、が心配ですね(笑)」と話し、奥野は「スピンオフ作品で、これまでオリジナルキャストが再結集できた作品もあまりないんじゃないでしょうか。僕もうれしいですし、みなさんも喜んでもらえると思います」とメッセージ。大幡は「まさか、この髪の短さでツクヨミを演じるとは思いませんでした。以前よりも大人っぽいツクヨミを演じようと心がけました」と明かすと、紺野は「2つの作品に出させていただいていますが、両方ともテレビシリーズのオーラとはぜんぜん違っていて、ずいぶんぶっとんでいると思います。そのあたりを楽しんでください」と呼びかけていた。

 『ジオウVS ディケイド』と『ディケイドVS ジオウ』は、各全3話がそれぞれのプラットフォームで配信される。