俳優の町田啓太が“連ドラ初主演”を飾るMBSドラマ特区枠『西荻窪 三ツ星洋酒堂』のポスタービジュアルが完成した。美しい青年バーテンダーの雨宮涼一朗(町田)、無口なシェフ・中内智(藤原季節)、オーナーの小林直樹(森崎ウィン)の同級生3人が営業する三ツ星洋酒堂がいよいよ“開店”する。

【別カット】連ドラ初主演を飾る町田啓太

 『月刊ミステリーボニータ』(秋田書店刊)で2020年11月号から連載スタートした原作を異例のスピードで実写化。東京・西荻窪にある、カクテルと缶詰を出す少し変わったバー・三ツ星洋酒堂を舞台に、そこを訪れるお客さんたちの人間ドラマを描く。

 このほどお披露目されたポスタービジュアルは趣のあるバー・三ツ星洋酒堂の店内で、雨宮、中内、小林の同級生3人が凛々しく映っており、大人びた雰囲気のなか、3人がほほえみながら、こちらを出迎えるドラマの世界観を表現した一枚になっている。

 ドラマ特区『西荻窪 三ツ星洋酒堂』は11日より毎週木曜午後11時~テレビ神奈川、深夜0時59分~MBSほかにて放送。TVerにて見逃し配信。TELASA、auスマートパスプレミアム、J:COM オンデマンド、milplusにて見放題独占配信。