映画『騎士竜戦隊リュウソウジャー 特別編 メモリー・オブ・ソウルメイツ』(20日公開)の完成報告イベントが9日、都内で開催。再集結した『リュウソウジャー』たちが互いに絆を再確認したことを明かしたリュウソウレッド/コウ役の一ノ瀬颯は「この思いは天まで届く」とメッセージを送った。

【動画】ナダ長田成哉の消滅シーン秘話を語る一ノ瀬颯

 最後のあいさつで一ノ瀬は「この作品がリュウソウジャーの最後の作品になると言っても過言ではない」と明かす。続けて「この1年間でいろいろなことがあって、それぞれがいろいろな仕事をした。久しぶりに集まって、みんなの絆がすごく強いものなんだな、と。撮影が楽しかったし、やりやすかった。ここまで仲良くなれる家族のような存在は戦隊だけだと思います」と『リュウソウジャー』に関わったすべての人への思いを口にすると「この思いは天まで届くと信じている」と今は亡き仲間にもメッセージを送った。

 同作は、テレビシリーズ32話と33話の間をつなぐ知られざるリュウソウジャーたちの物語。テレビシリーズ第32話「憎悪の雨が止む時」でついにガイソーグの呪縛から解き放たれ、リュウソウジャーの一員となるも、翌週第33話「新たなる刺客」で、戦いの末に命を落としてしまったナダが残していたビデオメッセージ。「俺、みんなの足引っ張りたくないからちょっと修行の旅に出ようと思ってます」と話したその真意は一体何だったのか。今回の映画で1年以上の時を経て明らかになる。

 同作は、『魔進戦隊キラメイジャー THE MOVIE ビー・バップ・ドリーム』、『機界戦隊ゼンカイジャー THE MOVIE 赤い戦い!オール戦隊大集会!!』と合わせ、3本立て映画『スーパー戦隊MOVIEレンジャー2021』として公開。

 完成披露には『キラメイジャー』から小宮璃央、壇蜜、『リュウソウジャー』から長田成哉、宮原華音、『ゼンカイジャー』から駒木根葵汰、誠直也が登壇した。