女優の倉科カナ、タレントのJOYが9日、都内で行われた『「au じぶん銀行」行名変更1周年記念記者発表会』にゲストとして参加した。

【貴重写真】初々しさも!倉科カナのデビュー1年目の写真

 両肩や背中を大胆に披露したドレス姿で登場した倉科は「首元にちっちゃくリボンがあるので、プレゼントみたいな」とにっこり。直後に「恥ずかしい…」と赤面する一幕があった。イベントでは、デビュー1年目の写真も公開。今も変わらぬキュートな笑顔にJOYは「めちゃくちゃかわいいじゃん!」と大絶賛で、倉科は「デビューして、すぐ。18歳か19歳。(地元の)熊本と行ったり来たりしているころ」と明かした。JOYから「自分でもかわいいと思ってたでしょ?」と問われると倉科は「そうですね」とリップサービスし、会場を笑わせていた。

 当時を「このころはがむしゃらで、前に進んでいるのか、後ろに進んでいるのかわからなくって、目の前にあることに全力を尽くした」と振り返ると「その努力が少しずつ実を結んできているのかな」としみじみ。今年はデビュー15周年という節目の年でもあり「関わってくださる皆さんの支えがあって15周年という節目を迎えることができた」と感謝した。

 今後の目標を問われると「海外でお仕事をしてみたいです!」と宣言。「女優さんとして。日本と海外の作品の作り方って違うじゃないですか。演技だったり、演出だったり、作品を作るにあたっての工程だったり。いろんな違いがあると思う。どんどんグローバルになっているので私たちももっと勉強しなきゃなという意味も込めて、自分の体を使って海外で仕事をして勉強してみたい」と夢を語っていた。

 また、イベント終了後には取材にも応じた。ステイホーム期間での変化を問われると「ずーっとお仕事をしていて、ほぼ休みがなかった。でも、自粛期間があって、どうしてもお休みする期間だった」と振り返ると「意外と自分がわからなかったんです。向き合う時間がなかったから。休めるのかとか、そういう自分が許せるのかと思った」と当時、抱いたという心境を告白。そして「意外と好きでした。ダラダラしている自分もいたんだな、と発見がありました。かっこよく『倉科カナ』でいるのが苦しかったのかな。ズボラな自分も愛せるようになりましたね」としみじみ。

 ステイホーム期間で海外作品も多く見たそう。「だからこそ作品の差が明確にわかってきた。自分も海外に出て、勉強してみたいという気持ちが出てきました」と口にしていた。

 1周年感謝キャンペーンとして、モバイルバッテリーがあたるキャンペーンを実施。ブランドメッセージの「銀行を連れて、行きていこう。」にちなみ“連れていってもらえるもの”としてモバイルバッテリーが選定された。