お笑いタレントの横澤夏子が8日、ABEMAの人気恋愛リアリティーショーシリーズの最新作『恋とオオカミには騙されない』(毎週日曜 午後10:00、14日スタート)の取材会に参加した。

【写真】松下洸平を引きずりながら成田凌にメロメロだという横澤夏子

 今作の出演者について横澤は「毎回、美男美女なんですけど、今回もとてつもないハードルを乗り越えての美男美女。あとは策士が多い。作戦を練ってオオカミ対策をしている子が多いイメージ。だから、より物語に深みや厚みが出る」と力説。1話から波乱の展開だそうで「『1話でこんなに?』ってぐらい、ぐちゃんぐちゃんのぐるぐるでしたね」と見どころを解説していた。

 同シリーズは累計2億回も視聴され、1200万人が見ている人気番組。20代、30代の女性の3人に1人は見ている計算で、横澤は「私の友だちからも連絡来ます。大人の女性がハマる。キラキラの若いエキスを吸おうと思ってる女性が『楽しい恋愛が見たい』と。すごくうれしい」とにっこり。

 また、今シーズンのコンセプトは“真っすぐでひたむきな恋”。横澤は「私、朝ドラが大好きで、朝ドラに出ているいい役の方にまんまとハマる」とぶっちゃけ。「(『スカーレット』に出ていた)松下洸平さんを引きずっているし、『エール』の窪田正孝さんも大好き。今(『おちょやん』)の成田凌さんもメロメロ」と恋心を告白すると「NHKの罠にハマってるんです。根こそぎ好きになっちゃう」と半年に1人ペースで好きな人が増えていく“沼”を口を語っていた。

 取材には、飯豊まりえ、滝沢カレンも参加した。

 ABEMAのオリジナル恋愛リアリティーショー「オオカミ」シリーズの最新作で、『恋とオオカミには騙されない』では、デートや共同作業を通して、“真実の恋”を叶えようと奮闘する10人の男女を追いかける。ただし、10人の中には、好きな振りをする「嘘つき“オオカミ”」が1人以上潜む。もしかしたら“オオカミ”にだまされているかもしれないと思いながらも相手を信じ、真実の恋を実らせることができるのか、予測不可能な恋の駆け引きと、自分の気持ちに本気で向き合うがゆえに生まれる胸の高鳴りや苦しみなど、男女の等身大でリアルな姿が最大の見どころとなっている人気コンテンツとなっている。