俳優の藤原竜也が主演するカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―』(毎週火曜 後10:00)第5話が、9日に放送される。これまで、学校内警察(スクールポリス)として配属された公立赤嶺中学校で起こるさまざまな問題に立ち向かってきた嶋田隆平(藤原)。劇中の嶋田のアツい“名言”も話題となっており、SNSでは「嶋田の言葉に感動した」「すごく気が楽になった」と賛同の声が上がっている。

【写真】藤原竜也演じる嶋田が飛ぶ!ダイナミックなアクションシーン

 2日放送の第4話では、校内に盗撮カメラが仕掛けられていたことを発端に、盗撮映像がネット上に流出した事件と、バレー部顧問の澤田(智順)がバレー部員・菊池京介(鈴木悠仁)に対してパワハラ・セクハラを行っていた事件が描かれた。

 女子生徒が他の女子生徒を好きになり盗撮カメラを仕掛けてしまった件について、その過ちを嶋田は諭すが、そのことをきっかけに部活を休んでしまった生徒に対して「自分のこと特殊な人間だと思っているかもしれないが、お前みたいな奴は世の中にはごまんといる」と言葉をかける。

 また、教師の生徒に対するパワハラ・セクハラについては、バレー部顧問であることを盾に「試合に出られなくなってもいいの?」と発言したり「私みたいな女に相手してもらえて、あの子だって心の中じゃ喜んでたはずよ!」と自分勝手な主張をする思い込み教師を演じた澤田に、嶋田は「キモいよ、おばさん」とバッサリ。「受ける側が不快な思いをしてれば、それは立派なセクハラなんだよ」と一刀両断してみせた。そんなスカッとする展開に多くの称賛コメントが寄せられた。

 第5話でバスケ部のレギュラー争いをめぐり、イジメが発生し、その事件がきっかけとなって、学校外でも暴行事件が起きる。それについて、藤原は「『イジメる人間は犯罪者』というセリフがあります。どんな言い訳をしようが、この言葉に尽きると思います。アクションシーンも見どころではありますが、物語の中ではイジメ問題についても考えていただければと思いますね」と呼びかける。イジメ問題に対する嶋田の持論にも注目が集まる。また、スクールポリスとなった嶋田の目的も判明し、その理由も今後の物語を大きく左右することになりそうだ。