佐賀県は9日、情報発信プロジェクト『サガプライズ』一環として、佐賀県の食の魅力を伝えるアニメ『23時の佐賀飯アニメ』を制作することを発表した。キャストやスタッフも公開され、主演は“佐賀の飯”、佐賀県を舞台にしたアニメ『ゾンビランドサガ』にメイン出演していた宮野真守が主演声優として参加。15日午後11時より、公式ツイッターにて10日間連続で公開される。

【写真】佐賀県と縁が深い宮野真守 共演する?佐賀牛も

 同プロジェクトはコロナ禍における観光客の減少などにより打撃を受けている佐賀県に関係する生産者・飲食店などの応援につなげるために発足したもの。現地での観光ができなくても、見るだけで「食べたい」、「お取り寄せしたい」と思ってもらうことを目的に、佐賀飯のおいしさを徹底追求した作品となっている。表現では、佐賀飯の魅力を直接胃袋に訴えかけるべく、数ある佐賀飯の中から、旬を迎えている冬の食材を中心に「竹崎カキ」や「佐賀牛」、「佐賀ラーメン」など10種の佐賀飯を描いている。

 キャストも公開され、主演は“佐賀の飯”、主演声優は宮野真守。スタッフはアニメーション監督を藤本さとる氏、作画を伊藤郁子氏、アニメーション制作はスタジオKAI、広告演出は石田洋平氏が担当する。

 宮野は「佐賀県には縁があるので(笑)、お声がけいただいてうれしかったです。いろいろな名産があり、それぞれがおいしそうで、この収録を通して佐賀飯にすごく興味がわきました。出来上がったアニメは、本当にすばらしい仕上がりになっています! また、アニメだからこそ伝わるおいしさがあるんだなと思いました。ぜひ全国の皆さんにご覧いただきたいです。だだ…深夜に見るのは危険なアニメができてしまったので、くれぐれもご注意ください(笑)」と作品の魅力を伝えた。