女優の広瀬すずが主演するテレビ朝日系スペシャルドラマ『エアガール』(3月20日 後9:00)で、広瀬演じるヒロイン・佐野小鞠とともに、戦後初のCA(キャビンアテンダント)として奮闘する《エアガール第一期生》メンバーが解禁。山崎紘菜、藤野涼子、中田クルミ、伊原六花のレトロビューティーな制服姿を初公開された。

【写真】山崎、藤野、中田、伊原のソロショット

 『エアガール』は、“空”へのあこがれを胸に、持ち前のチャレンジ精神で激動の昭和を駆け抜けた戦後初のCA・佐野小鞠の奮闘を描く、感動ドラマ。日本人が日本の空を飛ぶことが許されていなかった戦後、日本人の手で航空事業を立ち上げるという壮大なミッションに挑んだ男たちの熱き戦いも描き出していく。

 ハリウッド映画『モンスターハンター』(3月26日金公開予定)に唯一の日本人キャストとして出演するなど活躍目覚ましい山崎は、華族出身でプライドの高い同僚・相原翠を繊細に演じる。連続テレビ小説 『ひよっこ』(NHK/2017年)、『腐女子、うっかりゲイに告る。』(NHK/19年)などで活躍し、“ネクストブレーク女優”の呼び声も高い藤野は、主人公・小鞠を励ます心やさしき同期・伊原雅美役で登場。

 『この恋あたためますか』(20年/TBS)、2月公開予定の映画『あの頃。』など、多数の話題作で存在感を発揮してきた中田は、メンバーの中でも国際派の志田多美子を優美に表現。そして、連続テレビ小説『なつぞら』(NHK/19年)、『七人の秘書』(20年/テレビ朝日)などでさわやかな印象を残してきた伊原は、最年少で採用試験をパスした川村陽子を溌溂と熱演する。

 広瀬と4人は撮影に入ってすぐ、「すごく一生懸命な人たちの集まりで、即座に“みんなで頑張ろう”っていう意識が芽生えたのですごくいいチームワークだなと思います」(山崎)、「現場に入った瞬間にその場に溶け込めたので、包容力がある方たちだなと思いました」(藤野)と、すんなり打ち解けあった様子。

 合間には、「“このシーン、こんなふうに演じようか”と、お芝居について、ちょっとしたことも話しあいました」(中田)と、演技について細やかな相談も。「みんなで励まし合いながら頑張るところは、エアガールたちと共通する部分があるので、見てくださる方にも伝わるのではないかと思います」(伊原)と話すとおり、数々の困難に団結して立ち向かうエアガール第一期生そのもののような“絆”が、いつしか生まれていたことが明らかに。

 広瀬もまた、「私、仲良くなると笑いを取りにいきたくなるタイプなのですが、意外と全員そんな感じだったので(笑)、一気に仲良くなりました。待ち時間はみんなでしゃべって、洗剤や入浴アイテムの情報交換などそういう会話までするようになりました(笑)」と、仲間を全面的に信頼。「すごくいい空気感だったなと思います!」と、4人への感謝を口にした。

 さらに4人は、「信念をもって困難に立ち向かう人たちの姿から、たくさん勇気をもらってほしい」(山崎)、「“みんなでまた一歩進むために力を合わせるぞ”という気持ちの後押しになる作品になったらいいな」(藤野)、「前向きなエネルギーは、社会や人の心を動かすと信じています!」(中田)、「戦後どうやって日本の空を取り戻したのかもしっかり描かれているので、すべてを見ていただけたら…」(伊原)と、作品の魅力をそれぞれ熱くアピールした。