NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)は、あす7日放送の最終回を前に、徳川家康役の風間俊介のコメントと場面写真が公開された。

【写真】最終回、主な登場人物たちの表情

 天正10年(1582年)5月、織田信長(染谷将太)が甲斐・武田勝頼攻めで武功を立てた家康を安土城に招いてもてなした際、その饗応役を務めた明智光秀(長谷川博己)に信長が激怒。もはや言いがかり同然の信長の振る舞いに、さすがの光秀もキレるという場面で終わった前回(第43回)。饗応役に光秀を指名した家康も、思いがけない展開に目を白黒させていた。

 風間は「この物語の着地点に動揺を隠せなかった。歴史から見ればほんの一瞬の出来事ですが、その一瞬は濃いのに淡く、強いのに儚(はかな)い。そして、閃光のように散っていった者たちに、きっと心奪われるはずです」と、コメント。

 光秀がずっと抱いてきた、民を飢えや戦乱の苦しみから解放してくれる「麒麟を呼ぶ者」への思いがどのように描かれるのか――。