俳優の松坂桃李が、6日放送のフジテレビ系バラエティー『土曜プレミアム 有吉ダマせたら10万円 松坂桃李・チョコプラ・猿之助参戦SP』(後9:00)に出演する。

【画像】有吉直筆の金句が続々

 同番組は、芸能界一疑り深い男・有吉弘行に一泡吹かせたいという芸能人が、それぞれが持ち寄った「ウソかホントか分からない話」を有吉の目の前で披露。その結果「有吉をダマせるか?ダマせないか?」に挑み、見事、有吉をダマした挑戦者には賞金10万円が進呈される。

 今回、初参戦を果たす松坂は「目の肥えた有吉さんをダマせてこそ、俳優としてのステージが上がる」とやる気に満ちた様子。一方の有吉は松坂に対し「好青年だからダマせないでしょ!」と余裕を見せる。そんな有吉に、松坂が出題するのは、「箱の中身 臭いのどっち?」、「松坂桃李が作ってきたアート作品 本物はどっち?」の2問となった。

 「箱の中身 臭いのどっち?」では、AとBの2つの箱の、片方には“くさや”が入っていて耐え難い激臭が。松坂がAとBの箱の中の臭いを嗅いだリアクションを見て、有吉はどちらのボックスに“くさや”が入っているのかを当てる。松坂自身が体を張った問題に有吉は「こんなことするの!?」と驚きながら、松坂は人生で初めて“くさや”の臭いを嗅ぐことに。

 AとBそれぞれの臭いを嗅いだ松坂は「初めてくさやの臭いを嗅いだんですが、くさいですね!」と驚きのリアクション。そんな松坂を見た有吉は「さすが!(AもBも)寸分たがわぬ芝居!」とどちらに“くさや”が入っているのか、わからない様子。苦戦する有吉は松坂に「もう1回、今度は思いっきり嗅いでみて!」とリクエスト。そんな有吉のドSな要求をすべて受け入れる松坂の勇姿に注目が集まる。

 「松坂桃李が作って来たアート作品 本物はどっち?」では、番組のために、松坂が“あるアート作品”を製作。どちらかひとつは松坂が作ったモノで、もうひとつはプロのクリエイターが作ったモノ。有吉はどちらが松坂の作品なのかを当てる。有吉が作品製作にあたって「どこが難しかった?」など、松坂に質問攻めする。

そのほか、有吉をダマすべく集まったのは、市川猿之助、チョコレートプラネット、フワちゃん、ミキ。さらに、進行役のバカリズムからの、番組ではおなじみとなった出題も。これまでの放送での有吉の勝率は71%と好成績だが、くせ者ぞろいの挑戦者たちに、有吉はこの成績を維持できるのか。収録を終えた松坂がコメントを寄せた。

――収録を終えての感想は?
非常に楽しかったです! 有吉さんの鋭い観察眼と、いろいろな経験をされてきたからこその分析力を、1対1で対峙(たいじ)したことで、すごく痛感しました。“くさや”の臭いを初めて嗅いだんですが、“くさや”といえば芸人さんがよくやっているイメージがあり、“本当に臭いのかな?”と思っていたんです。そして、自分で嗅いでみて、“芸人さんってすごい!”と思いました(笑)。

――有吉弘行と対決した印象は?
有吉さんとは過去にも共演していて、やさしくて、愛のある方という印象なのですが、今回は対戦相手という構図だったので、いつもの有吉さんの雰囲気とは違いましたね。常に疑いの目で見てくるので、いかに自分がひるまずにいられるかというところはありました。まず、有吉さんがどういう風に観察してくるのか、想像が付かなかったので、自分がどのように立ち振る舞えば、有吉さんをダマせるのかを考えながら挑みました。

――ご自身でうそはつくのは上手な方だと思いますか?
プライベートで、いわゆるサプライズやドッキリというものは、自分がやっても絶対に表情に出てしまったり、バレてしまうだろうなと自信がないのでやったことがなく、うそはどちらかというと苦手な方です(笑)。今回そんな僕の性格がどう出たのか?というところに注目していただきたいです。

――視聴者の皆さまへメッセージを
僕は有吉さんのラジオを聞いていたりもするので、そんな有吉さんとの久々の共演で、実はすごくテンションが上がっていたんです。初めて有吉さんと対決するということが、自分の中ではすごく楽しくて、その楽しんでいる様子が画面を通して皆さんにも伝わっていればいいなと思います!