人気グループ・Kis-My-Ft2の玉森裕太が8日、都内で無観客で行われたラグジュアリー化粧品ブランド『ランコム』の化粧水『クラリフィック デュアル エッセンス ローション』誕生1周年を記念した記者発表会にゲストとして参加した。

【写真】全身真っ白の衣装で登場した玉森裕太

 美肌が映える純白の衣装で登場した玉森は、自身の肌について「もともとめちゃくちゃ乾燥肌なんです」と明かす。「保湿クリームや美容液を使ったり、あとパックしたり」とスキンケアルーティンを明かしつつ、最近は「クラリフィックを使うようになった」とし、「肌に透明感を感じられるようになった」と声を弾ませていた。

 このほど、同商品の誕生1周年を記念して12日から3月11日の期間限定で、『ランコム オンライン 酵素ラボ(以下、酵素ラボ)』がオープンする。ランコムの酵素サイエンスを、オンライン上で体験できる先進の肌測定システムとともに提供する。

 「クラリフィック誕生1周年、おめでとうございます」と登場した玉森は「クラリフィックがこの2月で1周年。僕は今年CDデビュー10周年を迎えるので、“周年”どうし、何かご縁を感じます。僕も(ランコムで人気No.1の)クラリフィックにあやかって“人気No.1”を目指していきたいと思います」と抱負を語った。

 『酵素ラボ』の4つのゾーンのうち、玉森はスマートフォンで撮影した顔写真をアップロードするだけで、AIが「ツヤ」「ハリ」「シミ」「シワ」「キメ」の5項目で分析、測定し、その結果を0から100の数値で示してくれる「肌測定 ゾーン」を体験。「自分の肌の状態が数値で分かり、“とても良い状態”、逆に“注意してほしい”状態と客観的に評価してくれるのでとても分かりやすい」と大満足の様子だった。

 そして『酵素ラボ』での体験を通して「透明肌についてもっともっと考えるいい機会になりました」と語った玉森に、ランコムから「クラリフィック」(150mL)約10年分相当にあたる80本が贈呈された。輝くボトルを前に「新次元の透明肌を極めたいと思います」と意気込み、最後に「酵素サイエンスと向き合って、僕といっしょに“透明肌”を目指していきましょう!」と全国の女性たちへ向けメッセージを送った。

 なお玉森は17日発売の美容雑誌『美ST』(光文社刊)4月号で、クラリフィックとのタイアップ企画に参加。コラボレーションムービーにも出演している。