東映特撮番組が視聴できる2つの競合動画配信サービス「TELASA(テラサ※旧ビデオパス)」と「東映特撮ファンクラブ(TTFC)」の2つがタッグを組む共同企画の第3弾の『RIDER TIME 仮面ライダージオウVS ディケイド/7人のジオウ!』(TELASA)、『RIDER TIME 仮面ライダーディケイドVS ジオウ/ディケイド館のデス・ゲーム』(TTFC)が9日から配信される。そんな9日に4時間に及ぶ『配信カウントダウンRIDERTIME祭り』が開催される。

【写真】オーラ・紺野彩夏やツクヨミ・大幡しえりが登場

 歴代平成ライダーたちの力を持つ『仮面ライダージオウ』と『仮面ライダーディケイド』。1月17日に本企画が発表されると、「#平成33年」がトレンド入りするなど“俺たちの平成は終わっていない”状態になった。

 そんな2人のライダーがぶつかる時、つまり『仮面ライダージオウVS ディケイド』と『仮面ライダーディケイドVS ジオウ』の第1話が配信される9日の午後6時30分に年号は令和3年から“平成33年”へと変わるということらしい。『RIDER TIME祭り』では、午後3時30分から特別番組を急きょ編成。本編第1話の配信開始30分前の午後6時からキャストを招いたトーク番組を配信し、作品の見どころをトークしつつ、視聴者と共に“平成33年”をカウントダウンで迎える。そして、そのまま第1話をキャストと一緒に無料で視聴できる豪華企画となった。

 午後3時30分からは『RIDER TIME 仮面ライダーシノビ』(全3話)が、午後4時30分からは『RIDER TIME 仮面ライダー龍騎』(全3話)が配信。生中継配信媒体は、TELASA、TTFC、仮面ライダージオウ番組公式ツイッター(ジオディケ本編は音声のみ)、東映特撮YouTubeOfficial(ジオディケ本編は音声のみ)となっている。

 出演は、仮面ライダージオウ/常磐ソウゴの奥野壮、仮面ライダーディケイド/門矢士の井上正大、ツクヨミの大幡しえり、オーラの紺野彩夏で、MCはオジンオズボーンの篠宮暁が務める。