俳優の塩野瑛久が、13日放送の日本テレビ系連続ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』(毎週土曜 後10:00)第4話に出演することが、わかった。塩野が演じるのは、木村祐一扮する山崎辰二郎の息子・克巳役。詐欺師として犯罪に手を染めた過去を持つ父親を憎んでいた克巳が、誘拐事件の参考人として伏見(亀梨和也)に連行されたことで二人は再会する。塩野は木村との初共演について「まさか木村さんの息子になる日がくるとは思っていませんでした(笑)」と驚きながらコメントを寄せた。

【写真】第3話で悪役を演じた忍成修吾

 撮影現場での木村については「優しくしてくださって、自然に受け入れていただけたことがとても居心地が良かったです」と和やかな雰囲気を振り返り、「楽しくお話しさせていただきましたが、克巳の過去が軽くならないよう、克巳の根っこの部分は忘れることのないように意識しました」と真摯な姿勢をのぞかせた。

 息子役をイケメン俳優が演じることについて木村は「母親似なんでしょう(笑)」と自虐しつつ、「(塩野さんとは)衣裳合わせのときにご挨拶したくらいで、すぐに本番で親子としてぶつかりあったんですが、不思議と違和感なくできましたね」と自然と役柄として向き合えたそう。

 また「息子も親にならんと分からん部分があるから…『あの時の親の説教は、そういうことか』と今になって分かることが僕も多々あるんで。そんな想いを抱いて、息子を見る感じで演りました」と演技では実体験を基にしながらシーンを作り上げた。

 塩野は、取調室で亀梨と対峙するシリアスなシーンにも挑戦。亀梨とも今回、初共演となったが「あの漂う兄貴感。昔から一方的に好きなこともあり少し緊張しましたが、気づけば楽しくお話していました(笑)」とコミュニケーションをとったそう。「撮影終わりに『お疲れ!』と声をかけてくれる声が優しかったです。胸を借りるつもりでお芝居しましたが、しっかりと受け止めてもらえて、なんだか克巳そのものを救っていただいた気がしました」と尊敬を現した。

 第4話では山崎の過去が絡んだ誘拐事件がスリリングに展開しながら、距離ができてしまった親子の葛藤と絆も描かれる。塩野は「かっこいいアクションシーンや、監視カメラからの映像。色々な要素がふんだんに詰め込まれた作品です。克巳の青さや未熟さ、しかしそこに辿り着くしかなかった過去を大切に演じました。少しでもこの作品の大事なピースになれていたらうれしいです」と手応えを明かす。

 木村も「伏見が愛する人を殺された哀しみを乗り越えて、年上の山崎を思いやる捜査のやりかたや、ラストに伏見から素敵な言葉をかけられるシーンは、親御さんの世代にはぜひ見ていただきたい回ですね」と熱弁。加えて「個人的には亀梨君との屋上のシーンが15年ぶりで。(以前共演した『野ブタをプロデュース。』の)校舎の屋上から神奈川県警の屋上になって『あの教え子が刑事になったか』って感じの思いが(笑)、印象に残ってますね」と想い入れを語っている。