俳優の藤原竜也が主演を務めるカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―』(毎週火曜 後9:00)。9日放送の第5話を前に未公開の場面写真が解禁された。藤原演じる、公立赤嶺中学校にスクールポリスとして配属された嶋田隆平と、山田裕貴演じる後輩の三枝弘樹が最強タッグを組んで、学校を脅かす巨悪に挑むアクションシーンビジュアルが5日、公開された。

【写真】藤原竜也演じる嶋田が飛ぶ!ダイナミックなアクションシーン

 毎話、嶋田と三枝の掛け合いシーンは緊張感のある劇中において“ほっこりタイム”と呼ばれる貴重な和める場面のひとつ。嶋田の難題を押し付けられ、三枝が途方に暮れる…そんな刑事二人の笑える掛け合いが見どころだが、第5話で登場するのは2人の“ほっこり禁止”のカッコいいアクションシーンだ。

 アクションシーン多数の今作の撮影について、藤原は「真夏の倉庫の中で10時間ぐらいずっとアクションをやって、その翌日の早朝に別のアクションシーンの撮影をやったんです。その瞬間になんか読めましたね。このチームの魂胆が…(笑)。自分との戦いだって思いましたよね」と、過酷な撮影状況での苦労について語る。

 また、山田も「台本に何行か説明が書いてあって、それがキュッとされているのにアクションどれだけあるの!?って(笑)。すごいボリュームだったのでカットされないか不安ですね」と心配する。撮影現場でのエピソードとして「ものすごく暑い真夏の日に炎が上がるんですよ。本物の炎が上がっているドラマって最近ありました!? あんなに近くで火を見たのが久々だったのですごく印象的でしたね」とハードな現場を振り返った。

 見どころについて山田は「三枝が嶋田さんに対して、背中を預けるシーンがあるのでそれはぜひ見ていただきたいです!」と紹介。なお、ドラマの特別企画としてドラマ公式SNSアカウント“中の人”が選ぶ4話までの“アクションシーン・名シーン動画”が順次公開される。これまで放送されたさまざまなシーンの中で思い出深いシーンを発表していく。